1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

エアバッグ不具合…ホンダ・日産・マツダ3社で約300万台リコール

ホンダ、日産自動車、マツダの3社が23日、タカタ製エアバッグに不具合があるとして、292万台をリコール(回収・無償修理)すると発表。自動車メーカー各社の対象車種は・・・

更新日: 2014年06月23日

1 お気に入り 101607 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

since2002911さん

エアバッグによる不具合でリコール

ホンダ、日産自動車、マツダの3社が23日、タカタ製エアバッグに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)すると発表した

ホンダは203万3230台、日産は75万5000台、マツダは15万9807台の、合わせて294万8037台をリコール

今年1月に事故発生

今年1月、同じタカタ製エアバッグを使っていたトヨタ自動車の車で、エアバッグが作動した際に部品が飛び散りシートの表面が焼損する事故が1件発生

2013年4月には、タカタ製エアバッグの不具合で、トヨタ(約173万台)やホンダ(約114万台)など数社が300万台以上をリコールした

各社の今回のリコールは、エアバッグを膨らませるガス発生剤の加圧力不足や過度な吸湿が原因で昨年4月に実施された助手席用エアバッグのリコールの追加措置となる

さらに対応が必要になったとして、日産自動車 やホンダ など国内自動車メーカー3社がリコールを発表した

今月11日にトヨタが世界で約227万台をリコールを実施。これを受けて、他社も対応を検討していた

タカタは、今回の追加リコールについて陳謝し、「事態を真摯(しんし)に受け止め、さらなる品質管理体制の強化・徹底を図り、再発防止に全社一丸となって取り組む」(高田重久・会長兼最高経営責任者)とのコメントを発表

トヨタ

対象となるのは、『カローラ』『カローラランクス』『アレックス』『カローラフィールダー』『アルファードG』『アルファードV』『イプサム』『オーパ』『ガイア』『ソアラ』『ノア』『ヴォクシー』『ブレビス』『プロボックス』『サクシード』『マークII』『ヴェロッサ』『マークIIブリット』『WiLLサイファ』『WiLL VS』の20車種

海外の対象車は約162万台。同じ不具合を巡って、トヨタなど5社が昨年4月に計約73万台のリコールを行ったが、さらに対象を広げた

ホンダ

対象となるのは、『フィット』『ストリーム』『シビックフェリオ』『シビック ハイブリッド』『CR-V』『モビリオ』『モビリオスパイク』『ザッツ』『アコード』『アコードワゴン』の10車種

ホンダでは、タカタ製エアバッグの不具合によるリコールを2008年からすでに8回実施しており、今回で9回目、累計のリコール対象車は約600万台になる

日産

対象となるのは『キューブ』『エクストレイル』『リバティ』『ブルーバード シルフィ』『セフィーロ』『ティアナ』『キャラバン』『サファリ』『ダットサン』、いすゞ『コモ』の10車種

マツダ

1 2