1. まとめトップ
  2. カラダ

手が原因?「顔の触り過ぎ」で起こる肌トラブルが意外と怖い

女性ならば、いつまでも若々しい肌でいたいもの。そのために毎日のスキンケアを頑張ったり、お手入れ方法や美容に興味のある方も多いと思います。でも、必要以上に顔を触っていませんか?顔を触り過ぎることで起こる肌トラブルは思ったよりも深刻です。まとめました。

更新日: 2015年10月30日

蒼雲さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
275 お気に入り 123036 view
お気に入り追加

■肌の手入れは女性には欠かせないもの

女性ならば、いつまでも若々しい肌でいたいもの。
そのために毎日のスキンケアを頑張ったり、お手入れ方法や美容に興味のある方も多いと思います。

美しい肌を手に入れたい女性ならば、夜は念入りにスキンケアをし、朝出かける前にはファンデーションやコンシーラーを使って丹念にお化粧している

■なかなか肌トラブルが治らない・・・その原因は、自分の手かも!

手についた細菌が悪さをして、擦れて刺激となり、余計な肌トラブルを招いてしまいます。

どんなにケアしてもなかなか治らないどころか悪化するばかり…実はこの現象、肌荒れを気にし過ぎて触っているその手が原因

にきびができやすかったり、治りにくかったりする原因は、あなたの手かもしれません。

■キレイに見える手でも、実は雑菌だらけ!

手は体の中でも、菌が最も多い場所の1つです。
手が汚れるようなことをしなくても、生活を送っているだけで、手は汚れやすくなります。

どんなに手をよく洗っていてもなんらかの雑菌は常時ついているようなもの

■あなたは、1日に何回、顔を触っていますか?

肌トラブルなどで自信がなくなっていると、それを隠そうとして、無意識に顔を触ってしまっていることも多いそうです。
あなたは1日に何回、顔を触っていますか?

一度ご自分のお顔をさわる回数を是非調べてみてください。

いつも顔を触っていることで起こる肌トラブルとは?

①ニキビ

顔を触ることで雑菌が増えて、ニキビが出来やすくなってしまいます。

炎症やニキビがひかない時は、顔を手で触っていないか見直してみましょう。

②シミ・シワ

肌を擦り過ぎには注意!
洗顔、スキンケア時は、優しく丁寧に洗いましょう。

皮膚をこすってしまうので、シミ(特に目の下の肝斑)・シワが増える

皮膚を触り続けるとシミができるのです。皮膚科では「摩擦による色素沈着(シミ)」というれっきとした病気があります。

お手入れの時もきれいになりたいからと肌を擦りすぎてしまうと
シミなどの色素沈着の原因になります

1 2





蒼雲さん