1. まとめトップ

『人工知能』が支配する近未来。 2045年問題。シンギュラリティ(技術的特異点) の危険性

人工知能が人類の知性を超えた場合、核兵器以上の『脅威』との懸念も。【検索:会話、対策、量子コンピューター、未来、危険、職業、仕事、羽生、会話、アプリ、超える、越える、感情、凌駕、AI、可能性、芸術、東ロボくん、恐怖、ディープ ラーニング、不要、銘柄、SIRI、怖い、絵、消える職業、将来、今後、急速】

更新日: 2017年04月04日

guggugu-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
225 お気に入り 1000174 view
お気に入り追加

2045年問題とは?

「2045年問題」とは2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えるという予測です。

 この予測はコンピューターチップの性能が18ヶ月(1.5年)毎に2倍になると予測した「ムーアの法則」に基づいて作られています。

コンピュータ技術が、今のペースで発達し続けるとある地点で、人類の知能を超える、究極の人工知能が誕生する。

 その人工知能(Artificial Intelligence ; AI)が、更に自分よりも優秀な「AI」を開発し、更にその「AI」が、次のもっと優秀な「AI」を開発し…

といった具合に「AI」が「AI」を連鎖的に作り続け、爆発的スピードでテクノロジーを自己進化させ、人間の頭脳レベルではもはや予測不可能な未来が訪れる・・・

ちなみに、2017年1月20日 付け TechCrunch Japan のニュースにて、
既に「AIがAIを開発する。」兆候が示されております。
まぁ、まだ実用レベルには達していないようですがね。
http://jp.techcrunch.com/2017/01/20/20170119ai-software-is-figuring-out-how-to-best-humans-at-designing-new-ai-software



.

シンギュラリティ とは  (技術的特異点とは)

本当に 「人工知能」 が 「人間の知性」 を越えるのか?

なんだか映画「ターミネーター」に出てきたスカイネットを連想させるような話で、現実味が無いかもしれませんが、現在識者の間ではこの問題が、大マジメに論じられています。

http://www.ikeda.asia/2014/02/2045.html
 それどころか、シリコンバレーでは世界のグローバル企業が、このA・Iの実用化に向けて突き進んでいます。

かつて、人工知能というのは、人間のプログラマが苦労して個々のシステムを手作りしていました。これらは、ある種の用途には役立ちましたが、融通が効かず拡張性を欠いていた。基本的には入れたものが出てくるだけです・・・

 しかしその後の技術革新で、現在、機械学習の周辺で非常に興味深いことが起きています。知識的な機能や表現を手作りする代わりに、生の知覚データから自ら学習するアルゴリズムを作るのです。基本的には人間の子供と同じことを機械がするわけです。

A・I開発を強化したい グーグル (Google)

人工知能が、人間の知性を超えることが本当にあるのか?

 少なくとも、グーグルの開発責任者の一人である「レイ・カーツワイル」は、そのように考えている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34372

グーグルは誰よりも真剣にAI開発に取り組むつもりのようだ。これはスリリングだが、末恐ろしいことでもある。

出典wired.jp

Google Brain Team
https://research.google.com/teams/brain/

グーグルは、DeepMind社を買収した。同様の企業の買収を次々と続ける同社の狙いは、「世界を覆う人工知能ネットワーク」だ。
http://wired.jp/2014/01/29/google-buying-way-making-brain-irrelevant/

2045年、人工知能を搭載したスーパーコンピューターが地球を支配する日が訪れる。コンピューターが人間の知性を超え、世界は「シンギュラリティー(特異点)」に到達する。病気や老化といった生物学的限界が取り払われ、もはや死さえも「治療可能な」ものになる。
http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-191639.html?mg=inert-wsj

 こんな、SF映画さながらの「未来」の到来を固く信じ、研究や講演、執筆活動、映画制作に飛び回る一人の米国人男性がいる。

ニューヨーク出身の米主要発明家にして未来学者、起業家、ベストセラー作家であるレイ・カーツワイル氏。

2012年、AI(人工知能)研究の分野で世界的権威の一人とされるレイ・カーツワイルがグーグルに加わった。

http://wired.jp/2013/05/02/kurzweil-google-ai/

単行本 – 2007/1
レイ・カーツワイル (著)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070717/130001/?rt=nocnt

この本の趣旨は2つ。「GNR革命が進む」と、「技術の進歩はどんどん加速し、近い将来には特異点を迎える」というもの。GNRとは、遺伝学(genetics)、ナノテクノロジー、ロボット工学の頭文字で、これらの3つの技術が発展し、人類社会が大きく変わることを「GNR革命」と呼んでいる。

ちなみにレイ・カーツワイル氏は、1980年代に、インターネットによる「検索エンジン」の登場、普及を予言していた。  http://wired.jp/2013/05/02/kurzweil-google-ai/
 1980年代にまとめた書物『The Age of Intelligent Machines』にて記載(1990年に刊行)

GoogleのCEOが述べた「モバイルファーストからAIファーストへ」という言葉を引用し、Googleが既にモバイルを最優先課題と見なしていないことを明言。
 また、AI(人工知能)という変革に気付いた企業こそが今後のビジネスで生き残っていくのだという見解を示した。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/biz/1005140.html


.

Googleだけではない。
Facebook、MicroSoft、IBM、中国百度が、研究に多額の資金を振り向け、研究者を高額の給与で雇っている。

Googleが構築した人工知能は「ディープラーニング」と呼ばれる、脳神経細胞のネットワークを参考にした機械学習のテクニックに基づくものである。

ハイテク業界で盛り上がる機械学習

機械学習はハイテク業界でもっとも盛り上がっている分野のひとつだ。アマゾンやフェイスブック、グーグルといった企業はパターン認識技術をめぐって競争を繰り広げている。配車サービスのウーバーや電機大手ゼネラル・エレクトリックのように、機械学習に社運を賭けている企業もある。

アップルは、ハイテク業界が競って開発を進める人工知能分野での人材確保を加速させる。このほどAI関連の専門家86人以上の採用を進めた。
 AIにより、スマートフォン利用者の潜在ニーズをつかみ、スマホが先回りして利用者に情報を提供する技術を目指しており、先行するグーグルに対抗する狙いがある。

 ただ急速に発展するAI分野で、プライバシーに対するアップルの厳しい姿勢が他社との開発競争で足かせとなる可能性があるとの見方も。

1 2 3 4 5 6 7 8





guggugu-さん

理系の事象を中心に、まとめてみます。



  • 話題の動画をまとめよう