1. まとめトップ

解明されつつある謎多き人類のルーツや起源、祖先の知られざる特徴とは?

人類のルーツはアフリカが起源だということは周知の事実ですが、そこから人類が世界に広がった経緯や他の猿人との関わりなどまだまだ不明な謎めいた点は多い。ただ、解明されるにつれて人間は同じ起源を持つ兄弟だと言えてきます。

更新日: 2019年12月19日

9 お気に入り 40668 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

6000年前の女性はこんな顔 石器時代のDNAを入手

これが、6000年前にスカンジナヴィア地方で暮らしていた女性の顔だ。

彼女が古代の「チューインガム」に歯形を残してくれたおかげで、科学者たちはDNAを手に入れ、遺伝情報を解読することができた。

人骨以外から古代人の完全なゲノム(全遺伝情報)が抽出されたのは、これが初めてだと科学者たちは話す。

彼女は肌と髪の毛が濃い色をし、目は青色だった可能性が高い。

コペンハーゲン大学のハンネス・シュローダー博士は、「チューインガム」(実際には樹木の「やに」)は、死体が残っていない古代人のDNAを入手するうえで、非常に価値が高いと話す。

「骨以外のものから完全な古代人のゲノムを手に入れたのは驚くべきことだ」

科学者たちはこの女性のゲノムを解読し、どのような外見だったかを探った。

女性は遺伝的には、スカンジナヴィア中央部で当時暮らしていた人たちより、ヨーロッパ本土の狩猟採取民に近いとされた。

また、それらの人々と同様、濃い色の肌、こげ茶色の髪、青い目という特徴をもっていたとされた。

氷河が溶けて後退した後にヨーロッパ西部から来た、移住者たちの子孫である可能性が高いという。

他のDNAからは、バルト海にあるデンマークのロラン島シルトルムの生活がうかがえる。ヘーゼルナッツとマガモのDNAの痕跡も見つかっており、当時の人たちがそれらを食べていたことがわかる。

「ここはデンマークにおける石器時代の最大の遺跡。考古学上の発見からは、この場所に住んでいた人たちが野生資源を大いに活用し、それは農業と家畜が最初にスカンジナヴィア南部に伝えられた新石器時代まで続いたことがうかがえる」

コペンハーゲン大学のティース・イェンセン氏は、そう話す。

科学者たちは、「チューインガム」に閉じ込められていた微生物からもDNAを抽出した。腺熱や肺炎の原因となる病原菌のほか、口内にもともと存在するが病気を引き起こさない数多くのウイルスやバクテリアも発見したという。

DNAはカバノキの樹皮を熱することでできるカバノキの「やに」の、黒茶色のかたまりに付着していた。やには当時、石の道具を接着するために使われていた。

歯形が残っていたことからは、当時の人がやにを噛んでいた様子がうかがえる。やにを変形しやすくするためか、歯痛などの痛みを和らげるために噛んでいた可能性がある。

科学者たちは、こうして保存された情報からは、祖先やその生活ぶり、健康状態などの情報が得られ、当時の人々の暮らしをうかがうことができるとしている。

チューインガムから抽出したDNAからは、人間の病原菌が長年にわたってどのように進化してきたかを突き止めることもできる。

「これらのタイプの古代の病原菌のゲノムを、こうした素材から回復できるのはとても興奮する。それらがどう進化し、現在のものとどう違うのか、研究することができるからだ」と、シュローダー氏はBBCに話した。

「それらがどう広がり、どう進化したのか、私たちに示してくれる」

この研究は、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載されている。

現生人類、ボツワナで20万年前に誕生 DNA分析で特定

現生人類は20万年前、ボツワナ北部で誕生したとする論文が28日、国際研究チームにより科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。人類誕生の地を特定した研究結果としては、これまでで最も詳細な位置を示したものとみられる。

解剖学的現生人類のホモ・サピエンス・サピエンスがアフリカで誕生したことは以前から知られていたが、その正確な場所は特定されていなかった。

 研究チームは、「L0」系統のDNAを高い割合で保持することが知られている民族グループ「コイサン」に属する200人からDNAサンプルを採取した。コイサンは現在、南アフリカとナミビアに暮らしている。

研究チームはサンプルを地理的分布や考古学、気候変動のデータと合わせ、ゲノム年表を作製。年表から、L0系統の起源が20万年前のザンベジ川(Zambezi River)南方のボツワナ北部にさかのぼることが示唆された。

 同地域はマカディカディ・オカバンゴ(Makgadikgadi-Okavango)と呼ばれ、現在は主に荒原が広がっているが、当時はビクトリア湖(Lake Victoria)の約2倍の大きさの巨大湖があったという。人類は同地域に約7万年の間住んでいたが、約13万年前に起きた気候変動により世界各地に広がっていったとみられている。

アジアで第5の原人 6万年前、比ルソン島

フィリピン・ルソン島の洞窟で見つかった歯などの化石が新種の原人と分かったとフランス国立自然史博物館などのチームが10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。現生人類のホモ・サピエンス(新人)が到達する前にいたと考えられ、アジアでは北京原人などに続き5種類目となる。

 化石は5万年前から6万7千年前のものと推定。アジアではこれまでに北京原人のほか、ジャワ原人、インドネシアのフロレス原人、台湾沖で化石が見つかった「澎湖人」が知られている。

 これまで知られている初期人類とは特徴が異なることから、チームは新種と判断し「ホモ・ルゾネンシス」と名付けた。

■ネアンデルタール人が描いた壁画か 新人が現れる前の欧州で 独チーム「6万4000年以上前」-

現在の人類ホモ・サピエンス(新人)が現れる前の欧州で、旧人のネアンデルタール人が洞窟に絵を描いていたとの調査結果を、ドイツの研究チームが22日付米科学誌サイエンスに発表した。壁画などに表れる記号を扱う思考は人類進化の根本的な始まりと考えられ、新人の特徴とされてきた。動物や手形などの絵を描いていた旧人も高い知性を持っていた可能性があるという。

研究チームは、スペインの3つの洞窟の壁に赤や黒の顔料で描かれた動物や直線、手形などを分析。顔料内のわずかな放射性物質を用いて年代を調べた結果、約4万年前との従来の解釈よりも古い、6万4千年以上前のものと判断した。欧州に新人が現れたのは4万5千~4万年前。研究チームは、スペインの壁画は新人が現れるよりも2万年以上前で、古くから欧州に進出していたネアンデルタール人によって描かれたと結論付けた。

■猿人が木から降りた理由-涼求め地上生活か、「二足歩行の謎」解明に 京大

森林の樹上で暮らしていた猿人などの人類の祖先は、高温になった際に、木の下の涼しい地上で生活するようになった可能性があることが、チンパンジーやボノボの観察で分かったと京都大の竹元博幸研究員(動物生態学)が、18日付の英科学誌電子版に発表した。

 「どのようにして直立二足歩行をするようになったかなど初期人類の謎の解明に役立つ」としている。

 竹元さんは平成17~20年、アフリカでチンパンジーやボノボ計10頭を観察。気温を計測し、地上の方が樹上よりも涼しいことを確認した上で、地上に下りていた時間と気温の相関性を調べた。

すると、低温の日は1日のほとんどを木の上で過ごしていたが、高温になると木の下の地上にいる時間が増える傾向がみられた。季節による温度差が激しい地域の方が顕著だった。

 これまで人類は900万~800万年前ごろからの乾燥化による森林減少の結果、森林からサバンナ(草原)へ進出し、地上生活や二足歩行を始めたとされていた。

 しかし、森林で生活していた猿人の化石に二足歩行の形跡があったことや、今回の観察結果から、サバンナに出る前にも、気温の高い日は体温調節のため地上で生活していたと考えた。

■人類の起源は30万年前、定説覆す化石発見

ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたというのが20年来の通説だったが、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された2件の論文によれば、これを覆す画期的な化石がモロッコで見つかった。

 この発見により人類の進化の系統図が書き換えられ、既に絶滅したホモ属の一部が人類の祖先としての候補から除外される可能性もある。

 2件の論文は、古代人類5人の頭蓋骨と骨のかけらや、狩猟や食肉処理に使われていた石器に基づくもの。いずれも、現在のマラケシュ(Marrakesh)に近いジェベリルー(Jebel Irhoud)にある先史時代の野営地から見つかった。

 独マックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)の古人類学者、ジャンジャック・ユブラン(Jean-Jacques Hublin)氏は「この資料は人類の起源を示すもので、アフリカを含むあらゆる場所で見つかった中で最も古いホモ・サピエンスだ」と語っている。

これまで最も古いとされてきた19万5000年前の化石は、エチオピアで見つかった。この発見は、アフリカ東部が進化上の「エデンの園」、つまり、人類がアフリカ内外へと広まった起源の地であるとの説につながった。

 研究チームは、新たな発見により、いわゆる「人類のゆりかご」がアフリカ全土に広がっていたことが示されると指摘している。

 モロッコで見つかったのと同じ種類の「中石器時代」の石器は、すでにアフリカ各地で見つかっていて、年代もおおむね同じとされているが、これまではホモ属内の別種の人類が作ったと考えられてきた。

 だが今回の発見により、すでにアフリカ中に広まっていた現生人類がこれらの石器を作っていた可能性が高まった。

■国内最古…石垣島で2万7千年前の人骨発見

沖縄の石垣島で国内最古となる約2万7000年前の旧石器時代の人の全身骨格が見つかった。日本人の起源の解明につながる可能性がある。

 沖縄県立埋蔵文化財センターは、沖縄県石垣市の「白保竿根田原洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代の19体分の人骨のうち1体が、全身骨格が残った人骨としては国内最古の約2万7000年前のものとみられると発表した。

 人骨の発見年代としては、これまで国内最古とされていた「港川人」より約5000年もさかのぼるもの。

 見つかった骨は、ほとんどが埋葬されずに安置されていたことから、風葬で葬られたとみられ、旧石器時代の葬送思想や、日本人の起源を解明するうえで貴重な発見だという。

■古代人の食人、単なる「食事」ではない 研究

英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された今回の研究は、先史時代の食人は広く考えられているよりまれではなかったものの栄養的には得るところが比較的少ない危険な企てだったとしている。

 研究では人体の部位ごとのカロリー値を算出した。同じ重さで比較すると野生のウマ、クマ、イノシシなどは、ほぼ骨と皮と筋肉だけのぜい肉のない体だった人類の祖先よりも脂質とタンパク質のカロリーが3倍以上もあったという。

さらに食人の場合狩られる側は狩る側と同じ程度に賢いことから、獲物は食べられるまでにかなり抵抗すると考えられる。

 英ブライトン大学(University of Brighton)で考古学の上級講師を務めるジェームズ・コール(James Cole)氏はAFPの取材に「今回の研究を行った理由は、人間が他の動物と比べてどのくらい栄養があるかを知りたかったからだ」と説明し、「それを調べることによって現生人類や他の人類種が食人を行っていたのはカロリーのためだったのか、それとも別の理由があるのかといったことが分かる可能性があると思われた」と語った。

 ホモ・サピエンス(Homo sapiens)、ネアンデルタール人(Neanderthals)、ホモ・エレクトゥス(Homo erectus)や他のホミニン族(ヒト)が行っていた食人は文化的な意味合いが強いとする説があり、今回の研究結果はこの説をより具体的にするものだ。

最近の研究では、加工物や装飾品などの証拠からネアンデルタール人を含むわれわれの祖先は豊かな文化を持っていたとみられ、おそらく言語も使っていたのではないかとされている。

「古代人の共食いには、現代人が食人を行うのと同じくらい多くの理由があった可能性がある」とコール氏は語った。「肉を食べたいという理由だけではないのだ」

 脚の骨から骨髄をすすったり脾臓(ひぞう)にかぶりついたりすることは、縄張りの支配を再確認したり、死去した親族に敬意を表したりするための方法だった可能性があるとコール氏は説明し、「こうしたシナリオにおいて食物の摂取はおまけみたいなものだ」と指摘した。

 化石記録の調査や最近の遺伝子研究によって、古代人類の間で食人がかなり広く行われていたことが示されている。

コール氏は「これまでに見つかっている古代人の人骨はそれほど多くはない」とした上で、「だがその少ないサンプルの中でも人間の手が加えられた痕跡がある骨は相当多い。これらの骨には解体された跡や切り刻まれた跡など、食人が行われていたことと矛盾しない証拠が多く見られる」と述べた。

 現代の食人の動機として挙げられる要因は精神病から戦争、呪術、葬送儀礼までかなり広範囲にわたる。船の難破や飛行機の墜落事故に遭った人が生き延びるために食人をする場合もある。

 だが古代人の食人に関しては、通常主な動機は食物にするためだという推定によってその動機の複雑さが「栄養」か「儀礼」の2つに不当に簡略化されているとコール氏は指摘した。【

1 2 3 4 5 6 7 8