ビオチンは、1935年にオランダのケーグルによって卵黄の中から発見され、『ビタミンH』『ビタミンB7』とも呼ばれています。ビオチンは血液をスムーズに循環させる力を持っていますが、美肌という観点で重要な効力は皮膚の機能を正常に保ってくれるということ。皮膚の炎症を抑えてくれたり、コラーゲンの生成にも関わっており、皮膚が再生する力を高めたりもしてくれます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ビオチン療法】で肌荒れがリーズナブルに改善!

ニキビ、アトピー、毛穴などの肌荒れに悩んでる方はビオチン療法で美肌になりましょう。ミヤリサンという整腸剤を使うので、腸内環境改善にも良いですヨ!腕にできるブツブツにも!

このまとめを見る