1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ゴーン社長はなんで「9億9500万円」もらえるの? "プロ経営者"っていうのが日本でも増えてる!?

その額の高さのために毎年話題になる日産カルロス・ゴーン社長の役員報酬。なぜこんなに高いんでしょうか?

更新日: 2014年06月25日

85 お気に入り 73471 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

morintaroさん

・日産カルロス・ゴーン社長の2014年度報酬額が明らかに

ゴーン氏は24日の日産株主総会で、前期(2014年3月期)の自身の役員報酬総額を明らかにした。

報酬総額が9億9500万円と、13年3月期の9億8800万円から0.7%増加

10億円には届きませんでしたが、国内の上場企業の役員としては2年連続で最高額を更新する可能性が高くなっています。

やっぱり最高額なんですね。

・トヨタやホンダと比べても、その額の高さは明らか

トヨタ自動車の豊田章男社長は大幅アップしたが、ゴーン氏とは大きな開きがある。

豊田章男社長の報酬は前期比25%増の2億3000万円だった。

前年比25%増でも、ゴーン氏の4分の1。

ホンダの伊東孝紳社長の報酬額は同3.4%増の1億5000万円となっている。

やっぱり全然ちがいますねー。

・でも海外と比べると、ゴーン社長の額はけっこう普通(むしろ低い!?)

日本のほかの企業との比較となると、「やはりゴーン社長は稼ぎ過ぎ」との思いを抱く人は少なくない。

しかしゴーン社長はそれに反論します。

ゴーン社長は「ほかの日本企業と比べると高いが、欧米のライバルの自動車メーカーの社長と比べれば決して高い額ではない」と述べました。

ホントに?

米上場企業のうち大手300社の最高経営責任者(CEO)の昨年の報酬額中央値は1140万ドル(約11億6000万円)だった。

ホントだ!!

ゴーン社長の報酬額は米CEO(経営最高責任者)のトップ100位にも入ってこない。

グローバルな自動車会社のCEOの平均報酬額は前年比5%増の1720万ドル(約17億2000万円)

自動車会社に限るともっと高い!!

・なぜ欧米はこんなに社長の報酬が高いのか!?

1930年代にコンペンセーションという報酬体系が生まれ、徐々に社内格差が広がりはじめる。
その背景には業績を上げれば上げるほど、企業トップの収入も増えるという考え方が流布しはじめたからだ。

アメリカでのことです。

結果(利益)を出せば報酬をたくさんもらうという、外資系報酬として一般的なシステムが経営者の報酬にも反映されている

稼いだ分だけ、報酬が増えるという。

アメリカでは、社長はいわばプロ野球選手と同じように個人として評価され、そのなかで報酬が決まっている。

アメリカの社長は「監督」ではなく「選手」!!

日本の会社では、平社員、係長、課長、部長、役員、社長という順に役職を務めます。

しかし、アメリカのCEOが他の会社から来るのは普通のこと

役職の頂点が社長なのではなく、社長という職業というイメージ。

欧米の会社の場合は、役職は単なるファンクション(機能)です。だから社外の人が、いきなりマネジャーとして会社に入ってきても、受け入れられます。

・日本でも今月ベネッセ社長に就任した、元マクドナルド原田氏の例などがある

(アップル ⇒ マクドナルド ⇒ ベネッセ)

アップル日本法人社長から、まったく異業種のマクドナルドの社長に就任。「100円マック」などをヒットさせ、マクドナルドの経営再建を果たした原田氏。

そして今月21日付で、ベネッセのトップに就任し話題に。

1 2