1. まとめトップ

加古川小2女児殺害事件【殺人事件の捜査にご協力を!】

平成19年10月16日(火)午後6時ころ、鵜瀬柚希(うのせ ゆずき)ちゃん(当時7歳)が、近所の公園から自転車で帰宅したところ、兵庫県加古川市別府町の自宅先において、何者かに胸などを刺され、殺害されました。

更新日: 2014年08月04日

6 お気に入り 370353 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

win-winさん

加古川小2女児殺害事件

平成19年10月16日(火)午後6時ころ、鵜瀬柚希(うのせ ゆずき)ちゃん(当時7歳)が、近所の公園から自転車で帰宅したところ、兵庫県加古川市別府町の自宅先において、何者かに胸などを刺され、殺害されました。

2007年10月16日午後6時頃、兵庫県加古川市の市立別府小学校2年生鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(当時7歳)が公園から帰宅して、自宅の東側に自転車を置いて家に入ろうとした時に自宅前で刺される事件が発生。
家に居た家族4人が柚希ちゃんの悲鳴を聞いてすぐに駆けつけたが、すでに犯人の姿はなかった。

柚希ちゃんには正面から胸と腹部の計2か所に刃物で刺された傷があり、午後6時8分に119番通報で駆けつけた救急隊が現場に到着。搬送中に救急隊員が犯人について尋ねた際に、柚希ちゃんは薄れていく意識の中で「大人の人…男…」と答えた。午後7時45分、女児の死亡が確認された。

玄関は生活道路に面しており、道幅も約4メートルと広くないが、東西に真っすぐ延びており、見通しは悪くない。向かいには別の住宅がある。植え込みはあるが、人目を避けるのは極めて難しい。県警加古川署の捜査本部は「跡をつけたにしても、待ち伏せしたにしても、わざわざ自宅前を選んだ理由がわからない」といぶかる。

また、「大人の男」という柚希ちゃんのダイイング・メッセージについては「犯人が女児の顔見知りならこのような言い方はまずしない。見ず知らずの人間か、犯人が一方的に柚希ちゃんを知っていた可能性がある」と分析している。

その後、現場西側に住む女性が犯行時間帯に路上を見ていたものの不審人物を確認していなかったことが分かった。現場は東西に伸びる市道に面しており、西方向に犯人が逃げた場合、女性が見逃す可能性は低く、加古川署捜査本部は犯人が柚希ちゃんを刺した後、東方向へ逃げた可能性が高いとみている。

調べでは、女性宅は、柚希ちゃん宅前の市道沿いの西側約20メートルに立地。女性は事件当日の16日午後6時ごろ、息子を病院へ連れて行くため、市道に面した車庫から乗用車を出そうとしていた。しかし、向かいの住民が利用する福祉施設の車が路上に止まっていたため、自分の車を出すことができず、自宅から5分間ほど市道方向を眺めていたという。
路上の車が動いたため、自分の車を出そうと女性が玄関を出た直後に事件が発生。柚希ちゃんの悲鳴や、次いで柚希ちゃんの母や祖母らの叫び声なども聞こえたというが、家の前の市道を不審な人物が通ることはなかったという。  

現場から女性宅までに市道からの抜け道はないが、東側には北へ抜ける路地があるほか、身を隠せるような空き地なども点在する。  女性も含め、事件前後に外へ出た柚希ちゃんの家族や付近の住人らが、車やバイクのエンジン音を聞いておらず、捜査本部は犯人が徒歩や自転車でいったん東方向に逃走、その後、路地に沿って東か北に逃げたとの見方を強めている。

http://www.ekins.jp/sanyo/honsen/befu/bbs/read/1356918601/

被害者のダイイング・メッセージ

救急隊員:  「誰に(やられた)?」
柚希ちゃん: 「大人の人」
救急隊員:  「男?女?」
柚希ちゃん: 「男」

事件時系列

16日午後6時ごろ 1人で自転車で帰り、自宅前で出迎えた小3の姉と会話を交わした

16日午後6時5分ごろ 自転車を置いて家の中に入ろうとして、家の前の路上で何者かに正面から刃物で右胸と腹を刺された

16日午後6時6分 女性(祖母か)の声で「子どもが何者かに危害を加えられたようだ。少しぐったりしている」と119番

16日午後6時8分 加古川東消防署南分署の救急隊員3人が現場に到着し自宅玄関先で倒れている女児を発見。左胸部、腹部に刺し傷。意識レベルは30(刺激を与えれば反応がある)程度

16日午後6時12分 災害医療センターのドクターカーを要請

16日午後6時14分 搬送開始。救急車内で女児は救急隊員の「誰に(刺されたのか)」との問いかけに「大人の人」「男」と答える

16日午後6時30分 容体悪化

16日午後6時36分 意識不明状態に

16日午後6時38分 大蔵谷インターでドクターカーと合流。応急処置開始

16日午後6時39分 心肺停止状態に

16日午後6時51分 県立こども病院に搬送

16日午後6時58分 同病院に収容

16日午後7時46分 死亡確認

http://blogs.yahoo.co.jp/eraser1eraser/51542636.html

現場の地図

被害当時の柚希ちゃんの服装

家族と近隣関係

被害女児は3人姉妹の次女である。事件発生の1年程前、両親の離婚により、母親と姉妹と共に祖父母の暮らすこの家に移り住んだ。祖父母は2戸で1つを形成するタウンハウス形式の借家に20年前から住んでおり、祖父母のほか、叔父(女児家族が来る以前に離婚し戻ってきた)と従兄弟2人(高校生と中学生)、そして女児家族の9人で暮らしていた。隣には老齢の女性が1人で暮らしている。先述のとおり建物裏手には畑地があり、農道を挟んで東側の隣家との境に植栽が連なり女児宅とは隔絶した景観を生み出している。すなわち女児の住む住宅は、隣家と連結はしているものの近隣住戸とは接しておらず、住戸そのものが周囲から「浮遊」している状態は、あたかも家族の状況を象徴しているかのようでもある。

祖父母はここに永年暮らしながらも、連結する隣家の婦人との関係を含め、近隣との交流はほとんど見られなかった。女児の母親も叔父(女児母親の実兄)も、近隣住民との結びつきは希薄な関係にあった。
そのため町会長ですら、事件が起こるまで祖父母宅の家族構成さえも知る術のない関係だったという。小さな町の中にありながら、事件後女児の葬儀連絡が町会に届くこともなかった。
このように借家内に、3世帯9人が同居する複合家族であり、それぞれの事情が形成させたであろうこうした形態は、親族とはいえ、家族内、各世帯間、または個々人の結び付きさえそれほど密ではなく、皆が浮遊しながらも寄り添って生活していたと考えられる。それはまた、いつでも切れてゆく可能性を持ち合わせた、生活自体がその地に根付かない仮住まい、浮遊する家族の状態でもあった。

http://www.kodomoanzen.org/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E5%88%86%E6%9E%90/%E5%8A%A0%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%88%BA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6/

動物虐待と類似事件

刺殺された現場に近い空き地や民家のガレージで23日、首を切断されたネコやハトの死骸(しがい)が相次いで見つかった。
22日にニワトリの死骸2羽が放置された現場にも近く、加古川署は同一人物による犯行の可能性もあるとみて、器物損壊容疑で捜査している。柚希ちゃんが刺殺された現場を中心にした半径約2キロ以内。

兵庫県加古川市尾上町池田の路上で、近くに住む小学校2年生の女児2人が突然男にたたかれるなどし、ひざや頭に軽いけがを負ったとの通報が、女児の友人の父親から加古川署にあった。
男は身長約1メートル75で年齢30~40歳。口とあごにひげを生やし、黒っぽいサングラスをかけ、茶色のジャンパーとジーンズを着用していたという。

こんなに近辺で似たような事件が動物虐待があるにも関わらず、未だにこの事件は未解決である。

http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-347.html

2006年
日時不明別府町新野辺空き地
首を切られた猫の死骸を発見

2007年
10月22日7:15頃加古沢町友沢加古川南高校の中庭
首のないニワトリ2羽の死骸を発見

同年
10月23日7:00すぎ尾上町長田空き地
首を切断された猫の死骸を発見

同年
10月23日7:30頃別府町新野辺浜の宮グラウンド北側の民家の駐車場
首のないハトの死骸を発見

2008年7月30日に捜査特別報奨金制度に指定

2008年7月30日に捜査特別報奨金制度に指定された。

殺人事件の捜査にご協力を!

【連絡先】
兵庫県加古川警察署刑事第一課
電話 (079)427-0110(代表)

○ 情報をいただいた方の秘密は厳守いたします。

○ 確認の連絡をさせていただく場合がありますが、警察から連絡しないでほしいという場合は、匿名希望としてください。

○ 提供された情報の内容によっては、謝礼が支払われる場合がありますが、匿名希望の場合は謝礼が支払われませんので、ご了承ください。
 なお、謝礼に関する問い合わせには応じかねます。

○  捜査結果についてのご連絡は原則としていたしません。

1