1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コロンビア代表グアリンが試合後にみせた長友への友情が感動的だった

2014年6月25日(日本時間)に行われたサッカー・ブラジルW杯の日本対コロンビア戦。後がなかった日本は残念ながら負けてしまい1次リーグでの敗退が決定しましたが、その試合でコロンビア代表グアリン選手が、インテルで同僚となる日本の長友選手へみせた友情が感動的だったのでまとめました。

更新日: 2014年06月25日

341 お気に入り 555183 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gogh555さん

2014年6月25日(日本時間)に行われたサッカー・ブラジルW杯の日本対コロンビア戦

1次リーグ突破をかけたコロンビア戦

2014年6月25日(日本時間)サッカーのワールドカップ、ブラジル大会、1次リーグ、グループCの日本は、第3戦でコロンビアと対戦

ザッケローニ監督は「選手は意気込みが強く、集中していることが分かる。彼らを信じている」と期待を込めた

後がなかった日本は残念ながら負けてしまい1次リーグでの敗退が決定

残念ながら日本は1次リーグで敗退することに…

C組の日本は最終戦でコロンビアに1―4で敗れて1次リーグでの敗退が決まった

日本は前半17分に今野が相手を倒して与えたPKを決められて先制されたが、前半終了間際に本田からのパスを岡崎がヘディングで決めて追いついた

同点ゴールで1―1としたが、後半10分にマルティネスのゴールを許し1点のビハインドに。その後も失点を重ね1―4となった

日本代表選手も落胆を隠せない

ザッケローニ監督は「残念だ。いい試合だったがもっとできることがあった。先制したかったが、決めきれなかった」とコメント

本田圭佑選手は「優勝とまで言っていて、散々な結果ですから。自分たちが未熟だった」と疲れ切った声を絞り出した

香川真司選手は「結果を残せなかったのは実力不足」とした上で「これで終わってしまうのは悔しい。それ以外無い」と無念の表情

4年間キャプテンを務めた長谷部誠選選手は「自分たちの力不足、それ以上でも以下でもない」と語った

長友選手は試合後ピッチに座り込む

長友は試合を通じて両チームトップの約11・3キロを走るなど、死力を尽くしたが、勝利を引き寄せられなかった

どんな苦境に立たされても「ポジティブ」を繰り返してきた長友選手は、試合後のピッチにしばらく座り込んだ

が、この落ち込む長友選手をコロンビア代表のグアリン選手がなぐさめる場面が

試合終了後、ピッチから起き上がれない長友選手をコロンビア代表のグアリン選手がなぐさめる

試合後には、ピッチに座り込む日本の長友佑都をコロンビアのフレディ・グアリンが慰める場面も

2人は所属するインテルではチームメイト

グアリン選手は、所属するインテルではDF長友佑都と同僚。人なつこい笑顔で日本での認知度も高い

1 2