1. まとめトップ

明日の住民説明会の為のプレゼン資料をまとめています。なぜ地域にサービス付き高齢者向け住宅が必要なのか、日本が抱える超高齢化社会の現実を人口数データなどを基にわかりやすく説明するつもりです。 pic.twitter.com/ERgZF04Y

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅(サービスつきこうれいしゃむけじゅうたく)とは、日本において、高齢者住まい法の基準により登録される、介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービスを提供する、バリアフリー構造の住宅。

高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住、生活できる環境を整えた賃貸等の住まいづくりを推進するために制定された。

登録は都道府県・政令市・中核市が行い、指導・監督を行う。何か問題があれば自治体の立ち入り検査が可能。

国による建設・改修費の補助、税制の優遇、住宅金融支援機構による融資により、供給を支援している。

ケアの専門家(社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員、医師、看護師、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、介護職員初任者研修課程修了者)が少なくとも日中常駐し、安否確認サービスと生活相談サービスを、すべての入居者に対して(強制的に)提供する

60歳以上の高齢者または要介護・要支援認定者およびその同居者。同居者は、配偶者・同条件の親族・特別な理由により同居する必要があると登録主体(都道府県又は指定機関)が認めた人[5]。
この範囲内で、例えば「要介護者のみ」や、逆に「入居時自立」など、入居者資格を限定している住宅もある

1 2





NAVERを開始して4年経過ですwとにかく面白いツイートや画像が、ただ消えてしまうのがもったいないと思いコツコツ収集今に至っています。



  • 話題の動画をまとめよう