どんな商品の交換価値でも、ほかのあらゆる商品の使用価値、それは使用価値全体であろうとその一部分であろうと、それでみずからを表現する。

出典マルクス『経済学批判』(武田隆夫、遠藤湘吉、大内力、加藤俊彦訳、岩波文庫)から引用

マルクス『経済学批判』から。一つの商品の価値が、他の(全体の)商品との比較から生じているという分析を述べています。マルクスはこんな分析を皮切りに、当たり前の商品交換に先人が考えなかった膨大なメカニズムを読んでいきます。「好きな標語は?」という質問に「すべては疑いうる」と答えたマルクスらしいアグレッシブな分析です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る