貨幣を見てもなにがそれに転化したのかはわからないのだから、あらゆるものが、商品であろうとなかろうと、貨幣に転化する。すべてのものが売れるものとなり、買えるものとなる。

出典カール・マルクス『資本論 第1巻第1分冊』(マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳、大月書店)から引用

貨幣の存在は、商品の比較がどんどん進み「抽象的(人間労働)」な価値観がオカネに転化されてはじめて生じたという分析です。何だか当たり前ですが、貨幣を創造された商品の一つとみてそのプロセスを考えること(これは「価値形態論」に含まれる議論です)は今でも新鮮な視点だと思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る