流通または商品交換は何ら価値を創造しないのである。

出典カール・マルクス『資本論 第1巻第1分冊』(マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳、大月書店)から引用

商品は「もうける」ために作られるもの。そして「もうける」ためには高く売ると考えがちです。しかし、マルクスはそんな流通や交換のし方に価値の創造があるという考えをしりぞけます。なぜなら、ある商品を高く売れば、それはすぐさま他の商品にも反映され、高く買う必要が出て結局は等価交換と変わらなくなるから。マルクスは社会全体の規定から商品交換の行為自体には価値がないと規定しています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る