各個の資本はただ社会的総資本の独立化された、いわば個別的生命を与えられた一断片でしかない

出典カール・マルクス『資本論 第2巻』(マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳、大月書店)から引用

第二部ではマルクスは現象を捉える視野を広げていきます。無数のつながりによって生じる資本の具体的なつながりを記述しようとしています。ところで、資本自体を成立させているのは「生産関係(生産手段と労働力を足した「生産力」を成立させる社会的関係)」であると説明されます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る