資本主義的生産の真の制限は、資本そのものである。

出典カール・マルクス『資本論 第3巻第1分冊』(マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳、大月書店)から引用

第三部でマルクスは資本制が自体にとってエラーを生んでいるというリミットを見いだしました。しかし、上の「利潤率の傾向的低下の法則」の直後に断定されるこの言葉は未定でしょう。ただし、ほとんど世界そのものである資本制を丸ごと考察しその負をも見すえたマルクスの功績は消えることはありません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る