プロレタリアは、革命においてくさりのほかは失うべきものをもたない。かれらが獲得するものは世界である。

出典マルクス エンゲルス『共産党宣言』(大内兵衛・向坂逸郎訳、岩波文庫)から引用

マルクスはプロレタリア(労働者)の解放される未来の可能性を描いています。これが題名通り「共産主義」か、あるいは社会主義か生産協同主義か他の可能性があるかなど議論は尽きませんが、マルクスの理論は現代でも世界に大影響を与えつづけていることは間違いありません。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《大学入学共通テスト倫理》のためのカール・ハインリヒ・マルクス

センター試験の倫理科目のために哲学者を一人ずつ簡単にまとめています。カール・ハインリヒ・マルクス(1818~1883)。キーワード:「物象化」「生産関係」「労働者(プロレタリアート)」「社会的諸関係のアンサンブル(総和)」「労働疎外」主著『経済学批判』『資本論』『経済学・哲学草稿』『共産党宣言』

このまとめを見る