1. まとめトップ

【俺選ひまつぶし】盲点体験

『盲点をつく』 等の表現で用いられている「盲点」は、実際に目に存在します。目の盲点はマリオット盲点とも言われています。実際体感する方法が面白かったので、体験方法をまとめてみました。体験してみると、あらためて人間の目、脳は凄いと思います。

更新日: 2014年09月08日

2 お気に入り 12534 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まちひこさん

ネット上の反応

(マリオット)盲点とは?

脊椎動物である人間は、目の構造上、見えない部分が存在します。

これを、発見者であるフランスの物理学者 エドム・マリオットの名前を取って、『 マリオット盲点 』 と呼んでいます。

網膜にある 「 視神経乳頭 」 の部分は、脳へ情報を伝達する視神経のタバが ケーブル状に集まった部分です。

そのため、この部分だけは 網膜のようなスクリーンの役目を果たすことができず、ここに入ってきた光の情報は、映像化されないため
見えないのです。

マリオット盲点は、片目になったときに自覚されます。

ところが両目になると、ふしぎなことにマリオット盲点は姿を消します。

両眼視機能といって、片ほうの目にあるマリオット盲点を、もう片ほうの目の映像を参考にして補ってくれるのです。

盲点の調べ方「マリオット=ボイルの法則」

マリオット博士とボイル博士が共同で発見した方法を使うと、盲点が確認できます。

実際に体験してみよう!

出典labaq.com

①左目を閉じる or 隠して "+" のマークを見つめてください。

②そのまま "+" マークから目を離さずに、頭を前後左右に動かすと、●が消える場所があるはずです。この場所が、あなたの“盲点”です。

※(PC、横向きのスマホ等)少し大きめの画面で見た方がいいかもです。
左目の盲点を試してみたい方は"+"ではなく"●"で。

出典labaq.com

※以下、確認方法は"その1"と同じ。

リンゴも消えます。

1