1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「イケメンすぎる犯罪者」に全米が惚れた!

米カリフォルニア州北部ストックトンの警察が逮捕した容疑者ジェレミー・ミークス(30)の顔写真が、「ハンサム」だとしてインターネット上で話題になっている。画像・動画あり。

更新日: 2014年07月04日

127 お気に入り 743161 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

ジェレミー・ミークス容疑者(30)

この男はカリフォルニア州北部ストックトン出身のジェレミー・ミークス(30)。銃販売の違法な取引やギャング関連犯罪の容疑で最近FBI捜査官により逮捕され、裁判では6つの罪に問われるもようだ。

警察は、地域で強盗や銃撃事件などが急増したのを受けて一斉捜査を実施し、ミークス容疑者が車中に銃を所持しているのを発見して逮捕した。

警察が公開したマグショットが全米で話題に!

マグショットとは、逮捕された直後、警察署で撮影される写真で、逮捕者の記録が機密とされる特殊な例を除き、一般に公開される。

ジェレミーは左右対称に近い均整のとれた顔立ちで、グレーががった青い瞳にぶ厚い唇と、アメリカ人女性が思い描く「イケメン」そのもの。左の目じり下に涙の形をしたタトゥーを入れており、首にも意味深な記号のようなタトゥーが彫られている。

ジェレミー・ミークス容疑者の写真を公開しているストックトン警察のFacebookページには2万6000件を超えるコメントと9万7000件を超える「いいね!」が集まっています。

コメントやTwitterでの反応には、「かっこいい」「人質にして」「モデルになればいい」「うちのお母さんが興奮している」など、彼のかっこよさを絶賛するものが目立って多い。

「これほどたくさんのいいね!がついた写真はこれまでに見たことがない」と当局のスポークスマンは語る。

モデルオファーも?

フェイスブック上では、この写真に1万8000件を超えるコメントが寄せられていおり、「ハンサム」や「セクシーで夢のよう」といった書き込みのほか、犯罪者からモデルに転身すべきとの意見も多い。

あるエージェンシーは「仕事の量によってひと月あたり1.5万~3万ドル」と具体的な報酬額を提示し、契約に意欲的であることも判明。年収3500万円超も夢ではないそうだ。

そして本当にモデル契約した!

「ドリーミーなマクマグ」という通称で知られるようになった彼は、モデル事務所「Blaze Modelz」との契約を果たしたというのだ。

しかし彼は札付きの悪

左から2002年、2009年、2014年のマグショット

ジェレミー・フィーバーが高まっていることを懸念したストックトン警察は、「彼が重犯罪者であることを忘れないでほしい」と念を押した。

彼は銃器の所持や輸送にかかわった”ギャングの一員”として、他の3人の仲間とともに逮捕された。2002年と2009年にも傷害罪などで逮捕され、それぞれ刑期を務めている。

05年に店で商品を盗もうとしたのを警備員に見つかり、「ファック! ぶっ殺すぞ!」と叫んだため唐辛子スプレーをかけられて捕まり、警察に引き渡された。

ジェレミーは18歳だった2002年に、16歳の少年を殴り倒すなどして強盗罪と未成年への傷害罪で逮捕。刑を軽くしてもらうため罪を認め、カリフォルニア州の刑務所に2年間服役した。

裁判所の書類にもストリートギャングの中でも凶悪な「クリップス」に属していると記されている。

本人は足を洗ったと語っている

同容疑者は、現地テレビ局のインタビューで、以前はギャングの一員だったが、今は足を洗ったと説明。「(ネット上での人気には)感謝しているが、これが本当の自分ではないことを知ってほしい」と語った。

「過去にやってきた悪行は後悔している」「涙のタトゥーは、その後悔を表すもの」と言い、「ギャングからは足を洗っている。ギャングのメンバーたちとはつるんだりするけど、自分はもうギャングじゃない」と主張。

ちなみに現在、ジェレミーは90万ドル(9186万円)の保釈金で拘束されているそうです。

家族の心境は複雑のようだ

1 2