1. まとめトップ
  2. レシピ

王様の夏野菜「モロヘイヤ」の栄養がやっぱりすごかった。

青菜類が少なくなる真夏に旬を迎えるモロヘイヤ。いろいろな種類の栄養がたっぷり含まれています。たくさん食べて、夏の暑さを乗り切りましょう!

更新日: 2019年05月25日

325 お気に入り 538374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alicesoraさん

■今が旬のモロヘイヤは栄養がたっぷり。

モロヘイヤは味噌汁などのスープの具にしても、そのままゆでたものを食べても美味しく、最近人気の夏野菜です。

青菜類が少ない夏に、夏バテ改善に役立つ栄養素や成分を補給してくれます。

日本で初めてモロヘイヤの栄養分析が行われたとき、担当した研究者は数値のあまりの高さに計測を間違ったのではないかと思ったそうです。

常識外れな栄養価!だったのですね。

■しかも魅力的な栄養素がいっぱい。

▼イライラに効く。

暑くてイライラする!そんな方も、おいしい飲み物とカルシウムが豊富でおいしいモロヘイヤさえあれば解消です!

胃などの消化器の粘膜を保護し、消化不良や食欲不振を防ぐ働きがあるとされ、夏の疲れた胃を優しく癒す効果があります。

胃壁を保護してくれるので、消化不良や食欲不振を防ぐ、夏バテで弱った胃にぴったりな食材です。

叩くと、どんどん粘りが出てきます。
不思議ですね。

▼他にもてんこ盛りな栄養素。

モロヘイヤには、ビタミンも豊富に含まれています。

ビタミンB群として、ビタミンB1、B2、B6も豊富に含まれ、たんぱく質の再合成を助けて疲労回復に役立ちます。

モロヘイヤには、ヘモグロビンの材料となる鉄に加え、鉄の吸収を高めるビタミンCも豊富に含まれているため、貧血の予防に効果的です。

モロヘイヤ君は、とってもエライ野菜なのです。

■調理はシンプルに。

長時間の加熱調理では、栄養、ビタミンが多く失われるので、サラダやスープの具などに使うとよいでしょう。

生のモロヘイヤとにんにくを炒めてつくるシンプルなスープ。
にんにくとモロヘイヤの相性抜群!

http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/113/19343#19343

ワサビ醤油で和えた鶏のささみにモロヘイヤとおくらを合わせる。
美味しそう!

http://noumin-gyomin.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/07/post_878e.html

モロヘイヤ、玉ねぎ、にんにく醤油、味噌をフードプロセッサーで混ぜたソースで、パスタを和える。


http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/a/g/e/age55555/20100531080229454s.jpg

茹でたモロヘイヤとツナ缶をめんつゆとマヨネーズで味付け。

http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1450009408/

1