保存会の構成員は神職及び社家、またその出身者で構成され、伝承する神楽は、古記録によれば江戸時代慶長年間以前と言われ、約450年以前の神楽を継承しています。

修験道の影響も残し、出雲流神楽の原型を留めているとして、昭和36年に島根県の無形文化財の指定を受けています。

特に「託宣」や「湯立て」、「二柱」の神事を継承している点で貴重であり、演目の技法にも学術的に高い評価を得ている保存会です。

海外でのドイツ・フランス公演、文化庁主催の民俗芸能公演や研究公演、伊勢神宮や靖国神社外全国各地の有名神社や各地のイベントでの公演も多いです。

出典出雲國大原神主神楽保存会|神楽|うんなん旅ネット【島根県雲南市の観光サイト】

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

韓国と戦う島根県の圧勝っぷりがスゴイ!

島根県の大原地方にある出雲國大原神主神楽の演目「三韓」は、神功皇后が朝鮮半島に出兵し、新羅、百済、高句麗の三韓を征伐するというもので、半島の方が見たら発狂することうけあいです。竹島の日を制定する島根県は、すさまじい強さです。

このまとめを見る