出典 kagura.kaiz.asia

武内宿禰

360年生きたとされる伝説的人物

武内宿禰(たけうちのすくね・たけのうちのすくね・たけしうちのすくね)は、景行天皇14年(西暦84年)から仁徳天皇55年(西暦367年)の大和朝廷初期に、5代の天皇に大臣として仕え国政を補佐したとされる伝説の人物で、紀氏、巨勢氏、平群氏、葛城氏、蘇我氏などの中央諸豪族の祖とされるが詳細は不明。

神功皇后の朝鮮出兵に同行します。

この情報が含まれているまとめはこちら

韓国と戦う島根県の圧勝っぷりがスゴイ!

島根県の大原地方にある出雲國大原神主神楽の演目「三韓」は、神功皇后が朝鮮半島に出兵し、新羅、百済、高句麗の三韓を征伐するというもので、半島の方が見たら発狂することうけあいです。竹島の日を制定する島根県は、すさまじい強さです。

このまとめを見る