1. まとめトップ

アフィリエイトサイト作成手順

アフィリエイトサイトの作成手順まとめ。(私の手法なので他の人とは違うかもしれません)

更新日: 2014年06月26日

18 お気に入り 31891 view
お気に入り追加

商品・キーワードを決める。

サイトの作成計画には、2つのアプローチがあります。
①どんな商品をあつかうか?
②どんなキーワードでサイトを作るか?

この2種類。この2つは両輪で、どちらも同時に考える必要があります。
どれだけ需要のあるキーワードでも商品・サービスは成約しませんし、それだけいい商品・サービスでもキーワード(検索需要・ニーズ)がないとこれまた成約しません。

なので、売れる商品と売れるキーワードを把握することが必要です。

私の場合は、売れているという情報をASPからもらった上で、商品ありきでキーワードを考えるので、初めてアフィリエイトに取り組む人とは少し違うかもしれません。

その場合は、ASPに登録してどんな商品がどんな報酬であるかを把握するといいかと思います。競合が多く、ニーズがあるもの、さらに(最終的に)お客さんがたくさんお金を使う商品・サービスほど報酬が高いです。

わからない場合は、自分の目に留まった気になる商品を決めて、それを購入したい人がどんなキーワードで検索するかを考えるといいと思います。

サイトの作成計画を立てる

どんな内容のサイトにするか?記事数はどうか?記事タイトルはなににするか?
そのあたりを考えます。ほとんどの場合は、競合サイトがありますので、競合サイトから同様の商品の有無を調べたり、決めたキーワードに対する記事にはどんなものがあるかを調査します。

ここまでで、
・商品
・キーワード
・サイト内容
が決まります。

記事作成

サイトの大枠がきまったので、記事の作成に入ります。

私の場合は、コンテンツ部分の記事、商品紹介用の記事、TOPページ用の記事と言う感じで、記事作成の外注を行います。

外注は、クオリティにもよりますが、1記事600文字程度だとすると、100円~200円の間で外注することができますので、社内(自分も含めて)で作成するよりもはるかに安い金額で作成することができます。

ただ、やはりクオリティ的な面で、最終的にサイトにアクセスが増えてきた段階でコンバージョン(成果)をあげるために私自身で修正したりもします。

サイト構築

記事が仕上がったらサイト構築を行います。

サイトを構築するには、
・コンテンツ(記事)
・ドメイン
・レンタルサーバー
・サイト作成ツール(シリウス推奨)

が必要です。


【ドメイン】
ドメインというのは、yahoo.co.jpやgoogle.co.jpなどをさします。だれもほかに取得している人がいない場合は、年間1000円程度で好きな文字列で取得することができます。(ホームページアドレスとも言います)

【レンタルサーバー】
レンタルサーバとは、そのドメインと紐付けて、ホームページの情報をおいておくところで、安いレンタルサーバでは、年間3000円程度で契約することができます。

【シリウス】
アフィリエイトサイトを作成するには、必須とも呼べるwindows用の有料ソフトで数万円必要ですが、本格的にやりたい場合は、必要です。



<<<シリウスが購入できない場合>>>
最初から投資をしたくない・できないという人は、無料ブログを使ったアフィリエイトをするといいかと思います。

ドメイン、サーバーも不要なので、最初に取り組むには悪くないと思いますが、他者のサービスに依存する(場所を借りる)ことになるのでアカウント削除などのリスクと広告が入る場合があることを理解しておく必要があります。

アフィリエイトリンク(タグ・バナー)について

自分のドメイン、もしくは、ブログでサイトができたら、そのサイトにアフィリエイトリンクを入れる必要があります。(リンクを入れないと成果になりませんので)

アフィリエイトリンクは、基本的には、バナーと呼ばれる画像のリンクがお勧めです。


サイトを作ったときに、自分でサイトを見直してみて、自然な感じでアフィリエイトのリンク先に誘導できる位置にリンク(バナー)を入れる必要があります。

このあたりは、ほかの競合サイトなどをみて、研究するといいと思いますが、ある程度アクセスが増えてきたあとに考えれば問題ありません。(アクセスのない状況でサイト作成に時間をかけてもムダです)

SEO対策

サイトを作成して公開しただけでは、アクセスは増えません。

まず、googleにサイトがあることを認識してもらう必要があります。(これを【インデックスされる】といいます)

インデックスされるためには、
・google webmastertoolsでサイトマップを送信する
・すでにインデックスされてるサイトからリンクを送る
・chromeで自分のサイトをみる(未確認)

などがあります。


そして、インデックスされることがまず第一ですが、その次は、サイトを上位に上げる必要があります。

たとえば、
『ダイエット』
と言うキーワードでサイトを作成したとします。無事インデックスされて、『ダイエット』で順位が200位(検索結果の20ページ目に表示されてるということ)になったとします。それではだれもそのサイトを見ることはできませんよね。

なので、少しでも順位を上げる必要があります。

その順位を上げるための最適化(手法)のことをSEO対策といいます。


SEO対策には、
・内部的な対策
・外部的な対策

の2つがあります。

内部的な対策には、内部リンクと呼ばれるユーザビリティを考えた対策が必要です。
ユーザがそのサイトをみてどれだけ記事をわかりやすく読めるか?そのあたりのことを考えたサイト構築を心がけると問題ありません。(あと、キーワードを意識しすぎないことも必要)

外部的な対策としては、インデックスのところでも書いていますが、別のサイトからリンクを送る。と言うことが必要です。(このあたりは後日別のまとめで詳しくご紹介します)

サイトのメンテナンス

どんなサイトでもそうなんですが、サイトが作成して終わりと言うことはありません。
常に状況を見ながら、修正していく必要があります。

アフィリエイトの商品にしても時期によっていきなり売れなくなる場合もありますし、商品の販売が終わる場合もあります。そういった商品のメンテナンスが必要です。
また、新しい売れる商品も発売されるかもしれません。

そして、サイトは、メンテナンスを怠るとアクセスが減る(順位が下がる)と言う傾向が大なり小なりありますので、アクセスが増えて、成果が上がるようになっても記事を増やしたり、メンテナンスをする必要があります。

アクセスがあるど売れない場合

アクセスがあるが売れない。と言うことは実は結構あります(笑

もともと、売れない商品と言う場合もありますが、キーワードとコンテンツのマッチングが悪い。さらには、コンテンツと商品のマッチングが悪い。そんな場合は、どれだけアクセスを集めてもうれません。

そんな場合は、コンテンツ・商品の見直しをする必要があります。

検索から訪問してきたユーザに対して、最適なコンテンツ、最適な商品を紹介できるようなサイトを常に考えましょう。

アフィリエイトサイト作成に役立つサイト・ツール

1





アフィリエイト暦10年以上 月間報酬300万~1000万の報酬をたたき出す職業プロアフィリエイタの片山と申します。アフィリエイトのノウハウをメインにわかりやすくまとめたいと思います。