1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

謎の建造物「ヤギタワー」!ヤギだけのメルヘンな塔の世界【まるで絵本のお城】

牧場に現れた、ちょっとメルヘンな謎の建造物。あの螺旋の塔は一体?それは、ヤギの理想的な飼育のため設計された建築、ヤギの塔(山羊小屋)だった。ヤギは高い所に登りたがる習性があり、その欲求を満たす為に「ヤギタワー」は生まれました。まさに山羊の城!意外にも歴史の古い「ヤギタワー」の世界をご堪能ください。

更新日: 2014年12月24日

663 お気に入り 152554 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

easeMeさん

最初のヤギタワーは、ヨーロッパの庭園をモデルにして、1871年のポルトガルで建てられました。南アフリカで建設されたヤギタワーは、自分たちの農場(ワインとチーズ)のシンボルとしての役割を持つようになります。

The first goat tower at a winery was built (1871-) at Aveleda(中略)The Goat Tower has become the farm's most identifiable symbol and aspect of their brand.

メルヘンな山羊だけのお城!個性豊かな世界のヤギタワーをご覧下さい。

まるでおとぎの国!童話の中に出てくるようです。ちなみに、こちらの塔はおよそ五千個のレンガを使用した、農場主さんの手作り。愛情一杯、素敵ですねー!

屋根の色が違うだけでも印象が変わります。ヤギさん、いい家にお住まいですね。

オレンジ色に見えます。お洒落ですね!ヤギタワーの絵本を誰か作ってくれないでしょうか…

ヤギは高い所に登りたがる習性があるほか、バランス感覚が良い。

こっちに目線を送る余裕もありそうです。

野生の山羊は切り立った崖(がけ)を登ったり、足場の悪い岩場にたたずんだりします。家畜化が進んだ山羊も、いまだに野生の頃(ころ)の性質が失われておらず、土を盛ったり台を作ったりしてあげると、喜んで登っていきます。

だから、「ヤギタワー」を非常に気に入っています。

ヤギの飼育環境としては最適の建築。ヤギ小屋としては超贅沢ですが、やっぱり生き生きして見えます。

ヤギよ、なにもそんなところで喧嘩しなくても…

たぶん、こういう顔なんだと思いますが、ヤギの目がほころんで見えます。ご機嫌ですね。

人間の建物で2〜3階くらいのようです。ヤギの体調は80cm前後。

まさにヤギのための建築。ヤギタワーは、ストレス無くヤギを飼育するには最適な環境なのです。

幸せそうな白ヤギさんと黒ヤギさん。童話の世界そのまんまです。

寒い日でも、ヤギは塔の上が好きだよ!風情があります。物語がはじまりそう。

飼育者のやさしさでできた、変わり種のヤギタワーとヤギハウス!ヤギ小屋は進化しまくりです!

子供が喜びそうな、吊り橋構造のヤギ・アスレチック。

1 2 3