1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

洗ってもタオルが臭い、ピンク色…捨てる前に試してみて!

キレイに洗っているはずなのに、なんだかタオルが臭う。白いタオルが、なぜかピンク色。もう捨てようかな…と思ってもちょっと待って!そのタオル、復活するかもしれません。

更新日: 2016年05月09日

1994 お気に入り 2476227 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ringo-mikanさん

普段ちゃんと洗濯をしているのに、一度使った衣類やタオルや水に濡れたよだれかけが「臭い」と感じる事って結構ありますよね?

匂いの良い柔軟剤入れて、洗濯したのにバスタオルや洋服がちょっと臭い…いったいなぜなのか?こういった経験は誰もが一度は経験した事があるはずですよね。

洗濯したてのタオルなのになんとなくいやな感じの臭いがして、そのタオルで体をふき始めると、タオルが濡れてとてもにおいが強くなる...。風呂上がりのきれいな体を、こんなタオルで、拭く気にはとてもならない...。

タオルや布巾、また赤ちゃんがいるご家庭ではスタイなどが、気付くとなんとなくうっすらピンク色に染まったような色になっていることってありませんか?

どちらも原因は「細菌」!!

部屋干しをすると、洗濯機で洗ったのにも関わらず、完璧に汚れを落としきれなかった菌が変化したり、繁殖してしまう事によって匂いが発生するのです。

これはお風呂上りのバスタオルも同じことがあります。髪の毛に生乾きのタオルを巻いて放置している方は注意しましょう!

洗濯物は、ぬれた状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすくなります。ピンクの色素を出す酵母菌などが繁殖して、ピンクに変わったと考えられます。

この細菌は、洗濯をしても、あまり洗い流されたり、死んだりしない。だから、いくら洗濯をしても、細菌は生き続け、臭いは強まるばかりなのである。

いくら洗濯しても臭いの原因物質となるこれらを完全に除去しない限り、すぐに生乾きの臭いが復活してしまいます。

酸素系漂白剤×お湯

液体の酸素系漂泊剤は漂白力・除菌力が弱いので、必ず粉の方を使ってください。

漂白剤といえば色素を落とすだけの役割という認識を持っている方も、もしかすると多いかもしれません。ところが、除菌・殺菌効果もある薬剤ですので、梅雨時など湿気の多い時期などによく起こる「生乾き臭」を退治することが出来ます。

バケツに40~50度くらいの湯を入れ顆粒の酸素系漂白剤を溶かします
そこにタオルを浸け、水がぬるくなるまで放置します

酸素系漂白剤は、40℃以上のお湯を使わなければほとんど効果が出ないと言っても過言ではありません。必ずお湯を使うのがポイントです。

主成分である「過炭酸ソーダ」は温度40℃以上になるとグーンと効果が上がるんです

一度でたくさん処理したい時はバスタブで漂白を。お湯だけを出せば簡単にぬるま湯が作れます。

熱湯で漬け置き

漂白剤が家になくても、熱湯でなんとかなります!
みんなお湯を沸かして!!

菌は熱に弱いですので、40℃ぐらいの熱湯に臭い衣類やタオルを1時間~2.3時間つけ置きしてから、洗濯機で洗うという方法です。

フェイスタオル程度の大きさでしたら、ヤカンで沸騰させた熱いお湯をタオルにかけてから干せば臭いは確実に消えます。

沸騰までいかなくても、高めの温度(のお湯が出せるバスルームなら、そこで一度バケツなどで下洗いをする。これだけで結構いけることも多い。

1回の熱湯消毒&日光殺菌で、ピンク(オレンジ)色もすっきり取れて、元通りのタオルに戻りました。

鍋で煮洗い

お湯につけるよりも、バツグンに効果を発揮するのは煮洗い。
少々面倒ですが、この際きっちり臭い/ピンク色を除去したい!という人は、お鍋でグツグツ煮ちゃってください。

ただし煮洗いができるのは、綿か麻素材の白物のみ。生地への負担が大きいので、あくまで最終手段です

洗濯用粉石けん
ステンレスまたはホーローのお鍋(アルミの鍋はNG)
酸素系漂白剤または炭酸塩(炭酸ソーダ)
菜ばしまたはトング

漂白剤と粉洗剤の目安

水1Lにつき
漂白剤小さじ1杯程度。
粉洗剤小さじ1杯程度。

入れすぎなければ、適当で全然大丈夫です^^
漂白剤を入れすぎると、布が痛むかもしれません。
その時は多少痛んだとしても、後に洗濯する時に柔軟材を入れると、良くなってきます。

1 2