1. まとめトップ
  2. カラダ

何で私ばっかり?実はこんな人が蚊に刺されやすかった!!

蚊に刺されないために!

更新日: 2014年06月27日

tuttuita0110さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
76 お気に入り 51825 view
お気に入り追加

同じように外で過ごしているのに、蚊に刺されやすい人とそうでない人がいるということはご存知ですか? 実はそれ、体質の問題だけではないんです。

「なんで私ばっかり刺されるの?」と疑問に思った方、もしかしたら気のせいじゃないかもしれませんよ!

・日本にいる蚊は約100種、うち人を刺すのは30種(ほかの動物を刺す蚊も多い)

こんな人が刺されやすい

特にビールは、ビール自体の二酸化炭素の影響もあり蚊に刺されやすい

お酒を飲む人
蚊は、私たち人間が呼吸をするときに吐き出す二酸化炭素を目印にして近寄ってきます。飲酒をすると、アルコールを分解する過程で二酸化炭素を吐き出す量が増えるうえに、呼吸数も増えます。そうすると、蚊に狙われやすくなります。

ビールを飲んだ後、蚊がかなり寄ってくるという実験結果が得られたそうです。つまり、ビールをたくさん飲む人=蚊にとって超魅力的な人ということになるわけですね...。なにそれ怖い。

出典ameblo.jp

超大好き:黒
大好き:赤
まぁまぁ:灰色および青
微妙:カーキー、緑、黄色

肌が黒い人や、暗い色の服を着ていると刺されやすくなります。蚊は暗い色に寄ってくる習性があるので、色白の人や白っぽい服を着ているとさされにくいそう。

蚊は人が吐く二酸化炭素に寄ってきます。あとは汗の成分も大好き。つまり、運動中や運動後は呼吸が速くなり汗も増えるので、蚊にとって最高っていうこと。

蚊は人間がストレスを感じたときに出す物質を嫌います。
 反対に、ストレスがなく代謝が良い人は、蚊に刺されやすくなります。
 「蚊に刺されにくくなった」という人は、知らぬ間にストレスを抱えているのかもしれません。

米国蚊防除協会(AMCA)によると、満月の日は小さな吸血動物は500倍活発になるのだそう。特に気をつけたい時間帯は、夕方と夜明けなんだとか。

蚊に刺されないために知っておきたいテクニック

「蚊のいそうな場所に出かける時は明るい色の服を着る」

・蚊は白黒で見えていて、黒や紺などの暗い色を好む
・逆に白や黄色など、明るい色にはあまり誘引されない

パーカーなどの羽織ものを着用して、肌の露出を減らす

「カラダを清潔にしておく!」

・皮膚の脂に、蚊が誘引する事が分かっている
・今の実験は腕や手でしたが、足が足特有の臭いや汗が付きやすく、蚊が寄って来やすいので特に足は清潔にした方がよい

実は、
私たちのカラダの中で、一番刺されやすい場所は、
足なんです。

蚊は、なぜか足の汗の匂いが好きらしく、
足を露出していると、より多くの蚊がよってきます。

そのため、
特に汗と匂いのこもる足裏と指を隠すことで、
よってくる蚊を減らすことができるんですね。

蚊に刺された時はかいたり、つまんだりせずに冷やす!
・かきむしったり、×を付けると、皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、冷やすとよい
・冷やす事で、かゆみがやわらぐ

やっぱりO型が刺されやすい?

1 2





tuttuita0110さん

興味のあること
旬なことをまとめていきます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう