1. まとめトップ

牙狼 魔戒ノ花 #13 「凶獣」 まとめ

月光の儀に参加するため、独り山道を行くクロウ。偶然出会った雷牙とマユリも同行することとなる。月光の儀とは、魔戒剣を浄化するためのもので、クロウと同じ影の魔戒騎士たちが集うのだと言う。一方、祠の中で月光の儀の準備を進めるゲント、シズル、ナユタたちだったが、浄化に必要な井戸に異変が現れて…。

更新日: 2014年07月12日

1 お気に入り 4251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ezjunjunさん

NEWS

これまでも歴代『牙狼<GARO>』メインテーマで本編を大いに盛り上げてきたJAM Project。もはや同シリーズに欠かせない要素の一つとなっているが、新オープニングテーマ曲のタイトルは、その名も「雷牙~Tusk of thunder~」。エンディングテーマ曲タイトルは「my memory, your memory」。こちらはオープニングテーマとは打って変わり、魔導具として生きるマユリ(演:石橋菜津美)を彷彿とさせる

STORY

月光の儀に参加するため、独り山道を行くクロウ。偶然出会った雷牙とマユリも同行することとなる。月光の儀とは、魔戒剣を浄化するためのもので、クロウと同じ影の魔戒騎士たちが集うのだと言う。一方、祠の中で月光の儀の準備を進めるゲント、シズル、ナユタたちだったが、浄化に必要な井戸に異変が現れて…。

PREVIEW

祠の中で月光の儀の準備を進めるゲント、シズル、ナユタたちは浄化で利用する井戸を開いていた。井戸の中には漆黒の闇に包まれており、何かがうごめいていた。

月光の儀に参加するため、独り山道を行くクロウ。偶然出会った雷牙とマユリも同行することとなる。月光の儀とは、魔戒剣を浄化するためのもので、クロウと同じ影の魔戒騎士たちが集うのだと言う。

クロウはタイシに出会うのを待ち望んでいた。元老院の使命を全て果たし、クロウに魔戒騎士の基本を教えてくれた人であった。憧れの人に出会うのを心待ちにしているクロウを見て、雷牙も興味を持ち始める。

井戸の監視を続けているナユタは、中で何かが蠢いているのを感じていた。そして滴る汗が井戸の中に入った瞬間、何かが井戸から這い上がってきて、ゲントたちに襲いかかってきた。その正体は儀式で利用しようとしていた魔獣・バルグだった。バルグへ魔戒剣を刺し、邪気を封印するというのが儀式の流れだった。邪気を持っているバルグを不用意に斬ってしまうと中の魔獣が出てきてしまう。

雷牙達が着いた時には、数人が命を落としていた。死ぬ直前だというバルグを放っておくわけにはいかず、ゲントたちはバルグ討伐を目指し出発した。深手の傷を負ったシズルとマユリは離れていたが、バルグが襲いかかってきた。雷牙達が追いついた時にはシズルは命を落とし、マユリは連れ去られてしまった。

仲間がやられ逆上するゲントを雷牙は赤鞘の剣で律する。一方連れ去られたマユリはバルグと目が合い危機が訪れる。しかしバルグは危害を加えようとしない。実はバルグは弱っている状態であり、死期が迫っていたのであった。刺された剣を見ながら、マユリは徐々に気持ちを向けていく。

日が暮れ、未だにバルグが見つからない雷牙達。マユリは雷牙を呼べば事情を理解してくれると思い動き始めるがバルグはすがってくる。直後雷牙達が合流、バルグ討伐を始める。しかしマユリは獣のまま死なせて欲しいと懇願する。

守るのであれば、魔導具であるマユリを一緒に斬るとゲントは刃を向ける。しかし雷牙は制止する。直後バルグは翼を生やしてマユリを連れ去り逃走。クロウは鎧を召喚して追い始める。空中で戦いを続けながら宙に放り出されたマユリを助けるクロウだが、地面にたたきつけられ傷を負ってしまう。

同情するバルグをマユリは制止する。そして自分の体の中に入れと力を開放し始める。オルヴァは命を落としてしまうと指摘するもマユリは止まらない。バルグが体内に入ろうとしたその時、雷牙が止めに入る。後を追ってきたゲントはクロウと協力して動きを止める結界を張る。動きの止まったバルグを鎧を召喚して切り捨てる雷牙をマユリはただ見守ることしかできなかった。

ゲントは仲間の無念を晴らせたと墓前で雷牙に礼を言う。その横にはバルグの墓も建てられ、その前でマユリは悲しみの表情を浮かべていた。魔導具であるマユリはバルグと変わらないと話し始める。しかしクロウはマユリは人間であるとともに、戦っていた時の心情を話し始める。ゲントもマユリを人間として受け入れて、陳謝する。そしてマユリはなぜバルグを切ったか雷牙に問う。雷牙は話を聞き入れず魔獣と化したためと話す。マユリも同じようになるのでは恐怖に駆られるが、雷牙は優しく守りぬくと伝えるのであった。

MONSTER

twitterの反応

テレ東で「牙狼っぽいのやってるなー」と思ったら、やっぱり牙狼だった。

今回の牙狼の絶対的な違いはやはり雷牙の優しいとこだな 鋼牙なら俺が斬るって言ってくれるかな

いつ見てもかっこええー。牙狼。やっぱ流牙のは嘘や

今回の牙狼の空中戦はスピーディーで何となくKARAS思い出した

1