1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

2003年、アメリカのイラク侵攻を支持し、イラクのサマワに自衛隊派遣した日本。10年たった今、その総括を日本はしなければならない‥略・・大量破壊兵器を隠し持っているというのが理由だったが、その事実はなく、‥略・・「親米政権」をつくりたかったのだ。‥略・・核兵器を持っていないから、アメリカは安心して我々を攻める。‥略・・その後イラクは混乱を極める。収拾がつかなくなる。‥略・・フセイン大統領はあえて少数派のスンニ派による多数派のシーア派の支配という形を取り、独裁ではあるがイラクを安定させた。‥略・・アメリカは、‥略・・シーア派政権をつくらせて、それでイラクが安定すると考えて撤退‥略・・ブッシュ、オバマ両大統領ともに厳しく批判され‥略・・誤りを総括しようとしている。‥略・・日本の小泉純一郎首相は、‥略・・自衛隊をイラクのサマワに派遣したはずである。ところが、そのことを総括するなどという気持ちはまったくなく、イラク戦争にかかわったことさえ、半ば忘れてしまっている。

 同じ自民党である安倍晋三政権は、またアメリカの方針にただ従うだけにならぬよう、当時をしっかり総括すべきである。

1