1. まとめトップ

【料金の豆知識】興信所に費用を抑えて依頼するコツとは

興信所の費用が高いと感じたら、費用を抑えるための方法を調べましょう。意外な方法で、興信所の料金を抑えることが出来ます。ここでは、興信所の料金を抑えるためのコツをまとめています。

更新日: 2015年10月06日

8 お気に入り 18009 view
お気に入り追加

興信所の費用を抑えるコツとは

旦那が浮気をした離婚を考えている。家出した子供を捜して欲しい。
自宅に盗聴器が仕掛けられているかもしれない…。
こんな時、利用されるのが興信所です。
いざ、興信所へこれらの調査を依頼しようとしたとき、料金の高さに驚いた人もいるとではないでしょうか。
興信所の調査費用を抑えることが出来たら、もっと気軽に調査を頼めるのに。
とにかく高い興信所の調査費用を抑える方法を探してみました。
浮気の証拠を見つけるためにも費用を抑えるコツを知っておくとお得です。

まずは、探偵の料金相場を知る

探偵の料金相場を確かめておくのは、探偵選びで重要なことのひとつです。
料金相場がわかっていれば、料金を比較する際、どの探偵事務所の料金が安く、どの興信所の料金が高いのかを見分けるのに、料金相場を知っておけば、比較が容易になります。
しかし、探偵の料金相場は、すべての探偵事務所・興信所の料金が違うため、相場を割り出すだけでも、相当の時間と労力が必要になります。
そのため、料金相場をなるべく簡単に割り出す方法として、調査員1名に対して1時間の人件費を各業者ごとで計算をして、自分の調査にかかるであろう調査時間を掛けることで、おおよその料金相場を確かめることができるはずです。
料金相場が分かれば、探偵の料金が安い・高いを一目で確かめることができはずです。

調査する日を決めて費用を抑える

興信所への依頼って、2日間だけとか特定の日だけってできる?

調査の日を指定することが鍵。
調査してもらう時間をあらかじめ指定しておけば調査料金が異常に高くなるといったことが防ぐことが出来る。興信所側が決める時間ではなく、自分の希望する調査時間を明確にしておくことが大事。

『確実に浮気する日』を特定した方が安く済む?!

誕生日やクリスマスが怪しい
イベントがある日、そして浮気をしていると思われる人間の誕生日などは調査候補日となる。

誕生日やクリスマスが怪しい
イベントがある日、そして浮気をしていると思われる人間の誕生日などは調査候補日となる。
浮気をしている相手の休日や仕事が終わる時間も確認しておくと、浮気をしているであろう日を特定しやすくなるようです。

費用の内訳から削減箇所を見つける。

調査員1名1時間あたり、7,000円~10,000円。

意外に高い人件費
調査員の人件費になります。人件費が20,000円以上という業者もあったりするが、5,000円以下というところはほとんどない。
人件費が異常に高い、または人件費が異常に安い場合には、興信所に、なぜその金額設定になっているのかを、一度確かめてみるといいでしょう。

諸経費には注意が必要

燃料費、宿泊費、出張費など
どのようなものが諸経費として計算されているのか、その詳細を確認して契約すべき。
悪質な業者はこの諸経費を不正に請求することがあるので注意が必要。
事前の打ち合わせでは、諸経費の細かい所を確認するのを忘れてしまって、後で金額を聞いたら驚いたという人が結構いるようです。

料金の内訳は基本料金、諸経費、成功報酬があります。

成功報酬とは何か?
弁護士が採用している料金計算に成功報酬があるが、探偵の成功報酬も基本的に弁護士のものと同じ。
成功報酬では成功条件をしっかりと決めることが重要です。
例えば「浮気相手と夫がホテルから一緒に出てくる瞬間を収めた写真」という感じで、成功条件を細かく指定しておくと良いようです。

料金の内訳で、自分の調査には必要のない物(調査に使わない機材とか)は排除してしまえば、その分、興信所の料金を安くすることができる。
ただ、調査をする人員と機材の数を減らすと、失敗するリスクもあるので注意。

興信所費用の計算法

複数の探偵事務所に見積りを出してもらうのは、基本。

見積りは大事です。
見積り依頼は複数の探偵事務所へ出して、それぞれで比較するのが賢い方法です。
近くの興信所、探偵事務所を中心として、いくつかの探偵に同じ調査条件で見積もりを出してもらいましょう。

30万円~が興信所の料金相場

興信所の料金相場から、比較をする。
料金相場がいくらになのか、料金相場といくらぐらい金額が違うのかを調べること。

依頼者の状況に応じた「調査費用の相場」を算出する方法

業者を比較して決める
比較するポイントは色々あるけど、費用を比較するのが最も簡単で解かり易い。
また、他では、調査機材の数や性能といったもので比較をすることも出来る。

調査員2~3名で1時間あたりの単価と相場

探偵の料金で大事なのは、調査員にかかる人件費と、業界内での相場を比較すること。
業者ごとの人件費を割り出して、比較するのにも役立ちます。

自分で計算するのではなく、候補の探偵事務所、興信所に見積りを出してもらって、比較をするといいです。
見積りだけならタダの業者がほとんどです。一人で複数の業者に見積りを出してもらうのが、どうしても気が咎めるなら、友達にも手伝ってもらってもいいと思います。

まとめ

まずは、探偵の料金の相場を調べて、次にそれぞれの依頼先となる探偵事務所、興信所の料金を確認してください。
料金を確認する時には、その金額がどのように計算されているのか、自分でも計算してみて、調査計画を立てておきましょう。

1





hantleinguhohoさん