1. まとめトップ
  2. カラダ

骨盤のゆがみタイプチェック!【骨盤矯正エクササイズ】

骨盤のゆがみは様々な不調の原因になります。自分はどのゆがみのタイプか把握して改善しましょう。

更新日: 2015年08月25日

mimaniさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5739 お気に入り 1436152 view
お気に入り追加

▼骨盤がゆがむ事によるデメリット

新陳代謝の低下、冷え

つまり太りやすくなってしまうということ。

肩こりの原因としては、もちろんいろいろありますが、その中の一つとして骨盤のゆがみが関係しています。

まっすぐ立って方の高さのラインが違う人は骨盤がゆがんでいるサイン。

▼骨盤がゆがんでしまう原因

「骨盤の歪み」原因となっているのは日常の"習慣"

骨盤の歪むほとんどの原因が姿勢などの生活習慣が原因です。

カバンを片方の肩にばかりかける、片足に重心を預けるクセなどが知られますが、デスクワークで長く椅子に座る、床に座るときにあぐらをかく、横向きに寝るなどの動作も歪みの原因になります。

ついついやってしまうクセがゆがみを引き起こします。

運動不足による筋力(腹筋力)低下。
老化(加齢)。出産。ストレス。

女性は男性よりも骨盤がゆがみやすいです。
またインナーマッスルの低下でもゆがみやすくなります。

▼タイプ別 骨盤のゆがみチェック

仰向けになった時に、足の開く角度が80~90度くらいなら正常。
開きすぎも閉じすぎもよくありません。

どちらかやりにくいほうがないかチェックしてみましょう。

目を閉じて片足でケンケンしてみて、最初の位置から動いてしまったらねじれている可能性が。

背中にどのくらいの隙間があくかでゆがみが分かります。

▼骨盤のゆがみを解消するエクササイズ

背筋を伸ばし骨盤で歩くのを意識して、
前に進んで後ろに戻るのを繰り返します。

息を吐きながらお尻をかかとでたたきます。
左右6回づつリズミカルに行いましょう。

足を肩幅に開き、両手を腰に当てて、腰を大きく右に回す。上体はまっすぐ起こし、顔は前を向いたまま。
腰を左側に大きく回転させる。右回し10回、左回し10回ずつで1セット。

両足はしっかりと固定して行いましょう。

・肩幅で立ちます。
・右手で左方向に腰を骨盤の内側に押し込むような感じで押します。
・逆も同じように左手で右方向に腰を押します。
・左右交互に10回を1セットとして、3セット行うようにしましょう。

1)仰向けに寝ます。

2)お尻から背中を浮かせる様にひざを曲げます。

3)この姿勢を20秒ほどキープします。

▼わかりやすい動画リスト

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう