1. まとめトップ

ガムテープと何が違う?引っ越しにも便利な「養生テープ」とは

誰もが一度は見た事があるんじゃないかと思う緑色のテープです。私も仕事でお世話になってます、気になったのでまとめてみました。

更新日: 2014年06月29日

Yu1985さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 507748 view
お気に入り追加

そもそも養生テープって何でしょうか?

いろいろなカラーがありますが
やはり「緑色」を思い浮かべる人が
多いと思います。
別名「マスキングテープ」とも言われてます。

マスキングテープ(英語:masking tape)は、塗装やシーリング・コーキング等の際に作業箇所以外を汚さないために貼る、保護用の粘着テープ。

養生テープは、ポリエチレン製や布製などのテープのことです。粘着力があまり強くなく、剥がしやすい特徴があります。

あえて剥がれやすいんですね!

ガムテープと何が違うのか?

引っ越し業者、建築関連などの仕事でよく使われておりますが、最近はDIYをやる人が増えてきているので個人の方でも所有している人多いんじゃないでしょうか。
私たちの生活する上では、一家に一つガムテープは置いてあるんじゃないでしょうか?

簡単に切れる、他を傷つけない。

やはりまずはコレですね、はさみを使わずとも綺麗に切れます。

手で簡単に切れやすく、ガムテープよりは粘着力が弱くて剥がしやすいという特徴があります。

これホント助かります!使いたいときにサッと切れるのが便利です。

養生テープなら、重なった部分も剥がれないので安心です。そして何よりテープを剥がすときに簡単に剥がれ、貼った個所の材質が剥がれないのです

よくガムテープを剥がそうとして「ベリッ!」っと段ボールが剥がれた事。一度はあるはずです。

こんな風になりずらいです(100%ではないですが)

家具の扉や棚の固定、細かなものをまとめるなどの時には養生テープ

テレビ台や冷蔵庫の扉を開かないようにするだけで運びやすくなります。

衣装ケースや引き出しのある机、冷蔵庫のトビラを固定する際です。ガムテープでよくある、剥がしたあとのベタベタもなくスルッと剥がせますので仮止めにどんどん使えます。

ケーブルやコンセントを束ねて周りをぐるっと巻いたり、CDなどを何枚かまとめた周りを巻いたりしても使えます。いちいちエアーキャップで梱包しなくて済むのです

コレ一個で汎用性高すぎです…

いろいろ使えそう!

皆さんのつぶやき見てるといろいろと活用されてますw

フライを結び余り糸を落とさぬようにクリッパーに養生テープを巻き入れてカット。糸入れの小袋。小さくても自然界に残さぬように pic.twitter.com/KRCnobtRZw

底に穴が空いたので養生テープで補強。 めっちゃ滑りそうな予感! pic.twitter.com/CvjSoe23dL

バイトでケガした、養生テープとティッシュで応急措置( TДT) pic.twitter.com/xJU18gi22L

保護眼鏡をどこやったかわすれたので眼鏡に養生テープはって保護眼鏡がわりにしたちてたであった pic.twitter.com/X8ZlZkxgKA

便利な反面注意する事もいくつか…

期間貼りっぱなしにしておくと糊残りする可能性が高くなります。

木材は特にベタベタします。コレは私も経験済です(汗

養生テープは粘着力が弱いため、少し貼っただけでは、すぐに剥がれてしまいます。このため、もし貼るのであれば、なるべく多めに使ってください。

また、壊れている箇所ではあくまで「仮止め」なので。
養生テープ貼りっぱなしにするより、修理するのもきちんと修理しましょう。
(車のミラーなど)

1





Yu1985さん

まとめは始めたばかりですが、気になった事をわかりやすく書いていこうと思います。