1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

lyam-giさん

世界の不思議な人物

18世紀のヨーロッパを中心に活動したとされる不思議な人物。
「ヨーロッパ史上最大の謎の人物」とされています。
自らの不死を主張し、数カ国語を流暢に話し、錬金術や化学に通じ、歴史についての膨大な知識を披露した。

不老不死:サン・ジェルマン伯爵

彼が最初に登場するのは1710年。
フランスの音楽家ジャン・フィリップ・ラモーは彼についてこう記している。
「彼は不思議な人物だ。 50歳くらいに見えるが、もっと若いかもしれないし、 もっと年をとっているのかもしれない。 おそろしいほど話題が豊富で、ついつい話に引き込まれる。 彼と話していると、なんだか時間を超越した世界に生きているような気がしてくる」

それから約40年後、彼は現れた。
彼が現れた場所はパリの昼食会。
この時に彼と話した人物はやはり50歳前後に見えたという。
カザノヴァは彼について「回想録」の中でこう述べている。
「彼は私の度肝を抜くようなことを口にした。 ダイヤを溶かしてそれから最も美しい透明度を持つダイヤを 1ダースくらい作ってみせるとか、 特殊な秘薬のおかげで何も食べる必要がない、 などというのである。そして、本当は自分は300歳なのだともいう…」

事実、昼食会でも彼は何も口にしなかったという。
また、フランス国王ルイ15世のダイアモンドの傷を 実際に直したという。

「私は今から200年以上も前、 スペイン国王フェルナンド5世の大臣をしていた。 バビロニアにいたころは、ネブカドネザル大王が建設したバビロンの都にも行きました」
そして相手が信用しない場合はあらゆる証拠を示したという。

最後に発見されたのは1822年にインドに旅立つところだった。

彼の執事のロジェはサン・ジェルマンについてこう話していた。
「ご主人様は誰にでも自分は4000歳だとおっしゃるのです。 私はこちらにつとめて100歳ほどにしかなりません」

正体不明の若者:カスパー・ハウザー

19世紀最大のミステリーのひとつと言われる謎の少年カスパー・ハウザー。十数年間にわたり、地下室で孤独に育てられたという

その少年は、保護されたとき、言葉も知らず、そして歩くこともできなかった。時は1828年5月26日、ドイツはニュルンベルクでの出来事である。祝日だったその日、町の広場に人は少なかった。地元で靴屋を営むジョルゲ・アイヒマンは広場の片隅にたたずむ、奇妙な少年を発見した。少年は小汚い格好で、手には何かが書かれた手紙を持っていた。少年はどことなく普通でない様子で、何かに怯えたような様子だった。ジョルゲは不審に思って少年に話しかけると、少年はほとんど全く言葉を知らない様子だった。

質問に対し、少年はただ「ヴァイス・ニヒト(ワカラナイ)」とだけ機械的に応答するのだった。

人間の膝裏は折り曲げるためにくぼみになっているが、少年の足はまるで、これまで一度も足を曲げた事がないようにピンとまっすぐ伸び、むしろ反対側へとわずかに湾曲しているようにすら見えた。

手に持っていた2通の謎の手紙
1通目:「隊長殿へ 閣下の軍隊を志望する若者を隊長殿のもとへ送ります。この子は1812年10月7日に私の元に来ました。この子の母親は私にその養育を頼んできたのですが、しかし、私には他に子供もおり、育てる余裕がありません。また、私はこの子を一度も家の外に出したことがありませんでした。」
2通目:「(この手紙が1通目と同一人物によるものなのかは定かではない。)この子供は洗礼を受けています。名前はカスパー。あなたがこの子に姓を与えてください。この子の父親は騎兵でした。彼が17になったら、ニュルンベルクの第六騎兵隊に参加させてください。それはこの子の父親がいた部隊です。この子は1812年4月30日に生まれました。私は貧乏で、この子の面倒を見ることができません。この子の父親は既に亡くなっています。」

特異な能力
彼は暗闇の中で完全に物を見ることができたのだ。彼は真っ暗な中で聖書を読むという実験を成功させ、見事その能力が本物であることを実証したという。
またその耳も恐ろしく敏感で、隣の部屋で囁く声を聞き分ける事ができた。

彼の外見が貴族のバーデン公と驚くほど似ているという噂が流れ始めたのだ。

言葉を話せるようになった直後に暗殺
「男が…刺した…ナイフ…公園で…財布を……すぐに行け…」
カスパーは右胸を刺されており、ナイフはおそらく肺と肝臓を貫く重傷だった。
不思議なことに、カスパーの死因はほとんど調査されることがなかった。

素顔を見せない:鉄仮面の男

仮面の男は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた「ベールで顔を覆った囚人」。その正体については諸説諸々。これをモチーフに作られた伝説や作品も流布した。

囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の監獄長サン・マールに預けられ、監獄長自ら世話をしたという。以降、サン・マールの転任と共にその囚人も移送され、サント=マルグリット島を経て、1698年にバスティーユに移送された。当時のバスティーユの看守は、「囚人は常にマスクで顔を覆われ、副監獄長直々に丁重に扱われていた」と記録している。

なお、鉄製の仮面を常に着用していると言うイメージになってしまったが、実際には布製のマスクだったといわれ、それも人と面会する時にだけ着用させられていた。もし人前でマスクを取ろうとすれば、その場で殺害せよとの指示が出されていた。そのため、牢獄で世話をしていた者も囚人の顔を知らなかった。

囚人は1703年11月19日に死亡。彼の所有物などは全て破棄されたという。

正体は「ルイ14世」の双子の弟説
ヴォルテールは、宰相ジュール・マザランとルイ13世妃アンヌ・ドートリッシュの息子で、ルイ14世の庶兄であるとした。デュマはこの説を双子の兄にして『鉄仮面』を書いた。鉄仮面を扱った映画には、ルイ14世と鉄仮面の男が最終的に入れ替わるものもある。

ファティマ第三の預言:ルシア・ドス・サントス

今からおよそ100年近く前の1917年5月13日、ポルトガルの一寒村のファティマに聖母マリアが出現しました。この日の正午過ぎ、羊を連れた3人の牧童が村から2キロほど行ったコバ・ダ・イリアという窪地にさしかかった時、突如空中に鮮烈な閃光がきらめき、柊(ひいらぎ)の木の上に美しい貴婦人が現われたのです。
 後に聖母マリアと特定された貴婦人は、今後毎月同じ13日にこの場所に来るよう3人の子供に告げます。

ルシア、フランシスコ、ヤシンタの3人の子供のうち、特に当時10歳で最年長だったルシア・ドス・サントスに、聖母マリアは人類の未来に関する重要なメッセージを託したとされています。.ルシア自身後に修道女となり、聖母から託されたメッセージを「3つの予言」としてまとめバチカンに預けます。

そのうち第1は、当時進行中だった第一次世界大戦が間もなく終結すること。第2は、第二次世界大戦の勃発に関すること。この2つは、細部まで予言が的中したと言われています。

 問題は「第3の予言」です。

これについてバチカンは、なぜか「1960年まで公表してはいけない」として内容を公表しませんでした。そして直前にこれを読んだ時の法王・パウロ6世はあまりの衝撃的な内容に卒倒し、「これは人の目に絶対触れさせてはいけない」として発表差し止めとしたのです。

第3の予言は秘密文書として、「ファティマ第3の秘密」と言われています。

1 2