1. まとめトップ

【翻訳】Daily Echo » Little Birdy: singing sensation

本まとめは2013年9月28日にdailyecho.co.ukに掲載された記事 Little Birdy: singing sensation の和訳となります

更新日: 2015年03月19日

0 お気に入り 865 view
お気に入り追加

リトル バーディー:シンギング センセーション / 小鳥:さえずり旋風

2013年9月28日 タラ・ラッセル

「彼女」が失神してしまいそうになる声を持ち世界中の人々を虜にしてきたハンプシャーのシンギングセンセーションである。今Birdy、またライミントン出身の17歳ジャスミン・ヴァン・デン・ボーガルドは彼女のセカンドアルバムをリリースした。ロンドンのスタジオからロサンジェルスのスタジオまで音楽業界の最筆頭者達と仕事をし、シドニーオペラハウスでのその公演にも関わらず、そのスターは未だニューフォレストが彼女をインスパイアしているものだと言う。

Birdy、親類の郊外領地に住んでいる人物だ。 「ホームにいるのは私にとって一番インスピレーショナルです、けれどおおまかにもっと一般には、そのエリアにいることです。それは見るもの全てがただそれは美しく、間違いなく私の音とスタイルに影響を与えています。」

※performing at Sydney Opera House - 2012年3夜足らずでチケット完売となる超満員のコンサートを行った
※Birdyのホームはイングランド ニューハンプシャー州 ライミントン ニューフォレスト http://en.wikipedia.org/wiki/New_Forest
※Birdyはおよそ国立公園育ちで、母と叔母姉妹Roper=Curzon家は同母方祖父ニューフォレスト テネム公の領地を相続しているかなり珍しい人たちと珍しいコミュニティーである。詳しくは別翻訳MailOnlineの項参照。
※直訳では見るもの全てがただそれは美しくなるで、”美しい景色に優美な美しい記憶が惹かれたいもの”
※van den Bogaerde 英国読み、本人の発音
http://www.1013.com/articles/star-1013-interviews-and-performances-478200/birdy-performs-live-in-the-star-12394793/

Birdyの自身の名前を冠したファーストアルバムはピアノベースのカヴァー曲のコレクションである。2011年にリリースされたこれは重要かつ商業的な成功となり世界中で130万枚近く売れ、先行シングル、ボン・イヴェールのスキニーラブの彼女の裁訳は同人に14にしてトップ20ヒットをもたらした。

※her take on - カヴァー曲の中でもBirdyは強力な編曲を行使して原曲の音楽から逸脱するのでインタープレット曲と呼ばれる。 interpret - 解釈する、読み取る、仲立ち介して通訳する、コンピュータ インタープリタ

Fire Withinと題されたそのセカンドルバムでは、その曲はBirdy彼女自身によって書かれたものだ。
Birdy、コンサートピアニストの娘であり俳優ダーク・ボガードの曽姪 「そのアルバムでは全て自曲のものですので、なのでとてもエキサイティングです。私にとってはこれはもっとより個人的で感情的で、スタイルの折衷的なミックスです。でも私はある種ナーバスなのですが、自分は少しまた始めからスタートしているように感じています。けれど自分自身の曲を書くことは私がこうしてかれこれ長く望んできたことでしたので私は本当にハッピーです。ただみなさんが私のものを好んでくれることを望んでいます。」

Birdy、そのアルバムの中で彼女の最も胸を打つトラックはAll About Youだ。これは彼女が初めてギターで書いた曲であり、8歳の時にニューフォレストで書いた初めての曲を思い起こさせるからだ。
「私が初めて書いた曲は愛についてのものですが、意味を成していませんでしたし、すこしありきたりでした。私が練習することになっていてママのピアノに座って、私はブランチオフして他のことをやりたいと思っていたものでした。」 と笑って彼女。
今、10年が過ぎようとし、Birdyは音楽に息を吹きこんでいる。

※branch off into - 枝分かれ、分岐。主幹から側系統の枝へ分け行って流れる様

そのティーンエイジャーはプリーストランドスクールでGCSEsの勉強をしたが、しかしまた彼女の忙しいスケジュールのためにブロッケンハーストカレッジでのA-Levelsの勉強は放棄しなくてはならなかったと言う。
2008年たった12歳だった時タレントショーOpen Mic UKでの優勝で発見されてから彼女のキャリアは大爆発している。

※GCSEs, A-Levelsについてはベージ末リンク記載の別翻訳Mail Onlineでの説明を参照

彼女はマムフォード&サンズとピクサーの「Brave (邦題:メリダとおそろしの森)」のサウンドトラックでコラボし、激大ヒット映画「ハンガーゲーム」のエンディングロールにもその名前を書き込まれた。
昨年では彼女の最も記憶されるハイライトはシドニーオペラハウスと同じく2012年ロンドンパラリンピックオープニングセレモニーでの公演も含む。

※Brave - Learn Me Right https://www.youtube.com/watch?v=cUoZN4cpfmM
※The Hunger Games - Just A Game https://www.youtube.com/watch?v=gBcQjTKAOQI
※London 2012 Paralympics Opening Ceremony - Bird Gerhl https://www.youtube.com/watch?v=vhZVKYV8kGw

しかしお気に入りのミュージシャンとしてKTタンストール、パオロ・ヌティーニ、ジェイク・バグを挙げるその実際的なティーンエイジャーは、彼女がもはやピアノの後ろに隠れて座っていられないことを意味している新しい音楽の来たるツアーに向け、彼女はアデルのステージ上でのパワフルなプレゼンスから学び取りますとのことだ。

※Adele - Someone Like Youで特に著名な歌手で、よくさすがアデルと力強い貫禄を表すキャラクターを指して述べられる。 1年でグラミー賞6冠を手にしその翌年も1受賞した超人。https://www.youtube.com/watch?v=hLQl3WQQoQ0

多忙なツアー履行や次のアルバムに向け既に取り掛かっている書きものにも関わらず、Birdyは未だニューハンプシャーでの彼女のライフのために時間を作っている。
「友達と連絡をとりあっていますし、それに私が戻った時には私達はいつもぶらっと出かけます。彼らはとてもサポーティブです。私はまた家族とたくさんの時間を過ごしていますし、自分は芸術と描画を愛しています。私はカレッジではそれをしていたのですが、それでまだそれは続けていたいと思っています。”私が思うに、私はただ全部普通のティーンエイジ事をしているのが好きです。”」

姉妹項

1





Birdyさんの信じがたい才能を追うと共に和訳している身体サイズ完全1テイラー・スウィフト長の者です。
いやいや、本職は必ずBirdyを勝たせる、いや、Birdyに勝ちをとって頂きたい。