1. まとめトップ

八ッ場ダムついに着工!群馬県が盛り上がっている!

昭和27年から計画されていた群馬県の八ッ場ダムの着工がついに決まりました。それによりダムに沈むことになる川原湯温泉の「王湯」をはじめ、このあたりでは盛り上がっています。富岡製糸場の世界遺産と共に、観光客が押し寄せる場所となるのでしょうか。

更新日: 2019年10月14日

7 お気に入り 154260 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆八ッ場ダム着工まで

八ッ場ダムは利根川の主要な支流である吾妻川中流部、群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムで、2020年完成に延長されています。完成すれば神奈川県を除く関東1都5県の水がめとしては9番目のダムとなります。

出典:国土交通省「八ッ場ダム工事事務所HP」より

八ッ場ダムは今年10月頃に本体工事が始まる予定です。

八ッ場ダムの話が浮上したのが1952年、その後、吾妻川の酸性問題で一時立ち消えになりましたが、東京オリンピックがあった64年に中和工場が完成し、ダム問題が再燃しました。地元の人々は長い間、ダム反対の姿勢を堅持しました。しかし、それは精神的にも肉体的にも大変な苦痛を伴うものでした。ダム起業者の手段を選ばぬ切り崩しに対抗するため、対策会議と抗議行動に追われる日々が続きました。何をするにもダム問題が関係し、片時もダムのことが頭から離れることのない日を送ることを余儀なくされました。やがて、疲弊した人々はダム建設を容認せざるをえなくなりました。

太田国土交通大臣は、群馬県を訪れて大澤知事と会談し、八ッ場ダムについて、ことし秋にも始まる本体工事を、確実に進めたいという考えを示しました。

出典:NHK NEWSwebより

「日本一短い鉄道トンネル」として知られる群馬県東吾妻町の全長7・2メートルのJR吾妻線「樽沢トンネル」が、八ッ場やんばダム建設に伴う線路変更により、24日で役目を終えることになり、全国から多くの鉄道ファンが現役最後の姿を目に焼き付けようと駆けつけている。

出典YOMIURI ONLINE(9月18日)

長野原町に建設予定の八ッ場やんばダム上にかかる八ッ場大橋(494メートル)の開通式が1日、現地で行われ、大沢知事ら関係者約100人が祝った。八ッ場大橋の開通でダム湖をまたいで代替地をつなぐ三つの橋は全て完成した。この日はダム建設に伴い付け替え工事が行われたJR吾妻線の新路線も開通。地元住民から「新たな一ページの始まり」と期待の声が上がった。

出典YOMIURI ONLINE(10月1日)

◆富岡製糸場の世界遺産登録で盛り上がる群馬で八ツ場も盛り上がる

60年以上もダム問題に翻弄された温泉街のシンボルでしたが、30日で長い歴史の幕を閉じることになります。
閉館が近づいて昨年のほぼ倍まで入湯者が増えているそうです。

川原湯温泉は1193年(建久4年)に源頼朝が発見したと伝えられる由緒ある温泉で、現在の王湯会館は1967年に建てられました。

当初は3月末に閉鎖の予定でしたが、2月の大雪による会館周辺整備の遅れで6月末まで延期されていました。
近くの高台にオープンする「王湯会館」に歴史を引き継ぎます。

移転に伴い付け替えられる線路(岩島-長野原草津口駅間、約10・4キロ)の77%はトンネル区間だ。標高590メートルの山の斜面を切り崩して建設した新駅のホームは全長約155メートルで、7両編成の上下線の列車が行き交えるようになっている。

群馬県の八ッ場ダムの建設に伴い、水没する地域にある温泉の共同浴場が30日、最後の営業を終え50年近くの歴史に幕を下ろしました。

八ツ場ダム建設のため6月末に閉館した川原湯温泉(長野原町)の共同浴場「王湯」を引き継ぐ「王湯会館」が5日、高台の代替地にオープンした。初日から多くの客が新しい温泉街のシンボルを訪れた。

2019年度に予定される八ツ場ダム(群馬県長野原町)完成に伴い水没するため、高台へ移転した川原湯温泉の共同浴場「王湯」が5日、営業を再開した。午後1時にオープンすると、約30人が次々と浴場に向かった。

出典gtia.jp

毎年一月、ふんどし姿の若者らが地元の繁栄や無病息災を願って湯をかけ合う「湯かけ祭り」は、新しい王湯で続けられます。

八ツ場ダム建設に伴う地域振興施設として昨年春、長野原町にオープンした道の駅「八ツ場ふるさと館」もこの1年間に約50万人が訪れ、売上総額は約2億7500万円と目標を2割上回りました。

毎週月・木曜日(祝日等閉庁日を除く)に工事現場見学会を行っています。
年間を通して随時募集中です。
5名様以上であれば、団体でも個人でも気軽に参加できます。

自然遺産も含めた世界遺産全体では、国内18件目となる世界遺産登録ですから、もちろん盛り上がっています。その影響が八ッ場ダムにもあるかもしれません。

◆せっかく行くなら群馬を楽しみたい

◆しかし、無駄な公共事業との声も

八ッ場ダムは民主党政権下で無駄な公共事業の代表例に位置づけられ、民主党のスローガンだった「コンクリートから人へ」の象徴だった。

出典「ビデオニュースドットコム」より

政府は2014年度予算案に、10月に本体工事着手予定の八ツ場ダム(群馬県)の事業費を国費ベースで、13年度当初比2%増の50億円を計上した。地方自治体の負担を含めた事業費は99億円となる。八ツ場ダムの本体工事費が盛り込まれたのは5年ぶり。

出典「産経ニュース」より

平成26年3月末時点で、用地取得の進捗率は約92%、家屋移転の進捗率は約97%、付替鉄道の進捗率は約99%、付替国道・付替県道の進捗率は約92%です。

1 2 3