1. まとめトップ

【DMMの実像】北都 亀山敬司 売上1200億円 石川県 森喜朗 AV界のAmazon

エロ動画サイトが いつんまにややら FX 太陽光発電 公営ギャンブル ネットゲーム 通販 なんか中内時代のダイエーグループ彷彿させる多角経営

更新日: 2014年06月29日

-聖少女-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 64108 view
お気に入り追加

エロ動画サイトが いつんまにややら FX 太陽光発電 公営ギャンブル ネットゲーム 通販 なんか中内時代のダイエーグループ彷彿させる多角経営

DMMの事業内容は実際はどのようなものなのか。大手信用調査会社などの資料によると、グループの2013年の売上高は 約1200億円、当期利益は約130億円になったもようだ。「6~7割をAV関連、2割をFX、残りをデジタルコンテンツ配信やゲームで稼いでいる」(関係者)。
従業員数は約1800人。この3年間で500人以上は増えている。

中核企業のDMM.com(東京・渋谷)は1999年設立だが、実態ベースの創業はそれより10年以上も前に遡り、グループ名も北都(ほくと)と称していた。
乱立していたAV制作会社を次々と傘下に収めるとともに、2000年代半ば頃までにビデオやDVDの国内配送網を構築。現在は2位のソフト・オン・デマンド(東京・中野)を引き離し、
AV業界のトップ企業として君臨する。

グループを率いるのは会長の亀山敬司(53)。30年余りで売上高1200億円の「王国」を築いた異形の経営者に関する情報はあまりに少なく、こわもての風評が一人歩きする。いわく、プロレスラーのような風貌、札束で有無を言わさない交渉術、脱法すれすれの取引――。真実を確かめるべくインタビューを申し込むと 、顔写真を撮らないことを条件に取材に応じた。

 東京都渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスタワー21階のDMM.com本社。高価な装飾品など1つもない殺風景な部屋に現れた亀山は、すらっとした長身で、 カジュアルなジーンズ姿。短めの無精ひげを生やし、どことなく俳優の寺尾聰に似ている。

 「私はAVに関心があったわけではなく、当たったのがたまたまAVだっただけ。まっとうな普通のビジネスをしてきました」
 「こわもて? 仕事では情に流されないようにしているから、そう思われるのかなあ。写真を撮られるのが嫌なのは、 有名になってしまうと夜の繁華街で気軽に飲めなくなるから」

株式会社ケーシー 
本社所在地石川県加賀市小菅波町1-149
設立1977年7月
業種サービス業
事業内容KCグループ内企業のサポート事業
ロジスティックス事業
アミューズメント事業
代表者亀山 敬司(代表取締役)
資本金3,000万円
売上高108億円(2009年7月期)
従業員数489名(2009年7月)
決算期2月末日
外部リンクhttp://www.kcint.co.jp/

1977年7月
会社設立
1997年1月
本格的に物流業を開始
2001年9月
石川県加賀市美岬町に本格的物流センター完成(約1400坪)
2002年6月
第一期増築工事完成(約2400坪)
2005年9月
第二期増築工事完成(約3700坪)
2007年9月
第三期増築工事完成(約4600坪) ※これにより延べ床面積約12000坪に

森喜朗氏の口利きで設立されたDMM 
DMMの出身母体とは何処か? 
石川県加賀市内の物流業や、ビデオレンタルなどを着手している(株)ケー・シーが母体です。

北都、DMM、DOOGA、GOT、XVN、VSICも関係があります。
このケーシーを軸に何が問題なのかと言うと「金の流れが不透明」であること。そんな背景があるのにも関わらず、金融庁はDMMのFXを認可しているんです。

石川県に本社がある北都グループの系列会社だろ
石川出身の森喜朗がケツ持ちしてんだよ
だからDMMと関係を持ってる秋元康と森喜朗の子分の安倍晋三が仲がいいわけ

配信や販売よりも、アダルドビデオ制作が本家なんだろ?
AVで主要メーカーと言われる多くがDMMの一部署みたいなものだろ。
一部はこれら。

MOODYZ、アイデアポケット、S1 NO.1 STYLE、kawaii*、E-BODY、
MUTEKI、アタッカーズ、OPERA、BEAUTY、未満、kira☆kira、BeFree

AV業界に君臨するCA(北都)とソフトオンデマンド(SOD)という両巨頭。

CA(北都)
MUTEKI・アイデアポケット・S1・アタッカーズ・MOODYZ・kira☆kira・MUTEKIを抱えるCAという存在をご存知でしょうか。

1990年にAVメーカー北都を創業。セルAV方式を活用し、売上をどんどん伸ばしトップメーカーとなりました。

一方で、1999年にはDMMを創業し、アダルト動画配信サイトとしてもトップへ。

アダルト以外の動画配信でも売上が大きくなっているのはみなさんもご存知でしょう。

CAは、その他にも、下記の通りたくさんのグループ会社を抱えています。

【配信部門】
株式会社デジタルメディアマート(DMM)

【WEB制作&システム部門】
株式会社ドーガ

【FX・証券事業】
株式会社DMM.com証券

「安い値段でプレス等を引き受ける」「支払いが遅れると資金を融通して、配下に囲い込む」

「アタッカーズ」の買収、ソフト・オン・デマンドグループであった「ドグマ」の独占販売開始を皮切りに、「マルクス兄弟」、「桃太郎映像出版」、「トライハートコーポレーション」、「アロマ企画」といった有力メーカーとの関係を強化し、アウトビジョングループとして一大勢力を形成するに至っている。

「XVN(無修正動画サイト)」=「北都(アウトビジョン)」は業界の常識なのに

AVの「北都」は、現在「アウトビジョン」という名でAVを製作、その動画配信、通信販売部門が「DMM.com」(旧社名は「デジタルメディアアート」)、FX部門が「DMM.com証券」で、そのほか物流部門の「ケーシー」、出版部門の「GOT」、システム部門の「DMM.comラボ」(旧社名はドーガ)などを持ち、グループ売上高は1000億円を越えている。

グループを引っ張るのは亀山敬司氏。石川県出身で、父親の小さな物流会社を継ぎ、80年代半ばにビデオレンタル店を開業したのが事業家としての本格的スタート

これまでKCの物流業務では、約300名の作業員による24時間3シフトの作業体制で、月間450万点の商品が伝票/ラベルによりピッキングされていました。他の倉庫内業務は高度にオートメーション化されているものの、商品や出荷点数の多さと、常に入れ替わる売れ筋や続々投入される新製品のため、ピッキングは伝票/ラベルによる人手に頼らざるを得ませんでした。数多く採用される作業員の習熟度には差があり、その生産性には大きなばらつきがありました。また、伝票/ラベルでのピッキングは作業ミスが多く発生するため、得意先別ピッキング後のバーコードレジによる検品や、バッチピッキング後の大型ソーター検品が行なわれていましたが、その結果発見された1つの作業ミスが他の自動化された業務に影響することが頻発していました。これらの課題のため、生産性と正確性のバランス確保と向上が急務でした。
◆続々採用される作業員の習熟度に個人差があるため、生産性の平準化が図れない
◆伝票/ラベルによる作業の正確性を担保するため、ピッキング後に2種類の方法で検品
◆人手によるばらつきと、発覚したミスによる手戻りなどにより自動化された業務の生産性に悪影響

【DMM】CAグループ各社の売上高と純利益からみる「超優良企業群」としてのCAグループとその「脱AV」化、「脱小売り店」化

DMM創業に際して、「オン・ザ・エッヂ」時代の堀江貴文氏が深く関与しており、ホリエモンのブログにも亀山氏についての記述があります。

DMMグループ一覧

業務決算期代表
DMM.com(旧デジタルメディアマート)DMMでの通販、動画配信2月期松栄立也
DMM.com証券FX3月期谷川龍二
DMM.comラボ(旧ドーガ) サイト構築、管理(SIer)2月期開田栄次郎
CA(旧北都、通称アウトビジョン)AV制作7月期齋藤 仁一
KCDVDプレス、ロジスティクス7月期亀山敬司
TISAVの小売店向け営業7月期島崎啓之
GOT月刊DMMなどの出版2月期吉本政生

【勝見 広志/経営管理財務室 室長 兼 経理課 総括】
ケー・シーは、私にとって3社目の会社です。入社した時は正社員ではありませんでした。というのも前職を辞める時、コンサルティングの勉強をしたかったんですね。そこで1次試験が終わった後、夜間だけケー・シーで勤務し、収入面を支えていたんです。そんな中、亀山社長に会う機会がありました。そこで彼の人間としての面白さに惹かれ、本格的に働くことにしたんです。はじめは今も兼任している経理プラス戦略財務を任されました。成果が認められ、経営管理財務室の開設を担うことになったのは3年目の時です。もっと業務を広げたいので、一日も早く仲間が増えることを望んでいます。

1979年に高校卒業後税理士目指して専門学校で簿記1級を取得
原宿でアクセサリーの露天→卸問屋→地元亀山で色々な商売試す→AVの安売りレンタル店で成功
AV製作、流通会社北斗を設立→小売店に直接委託販売を依頼する手法とPOSを製作に活かしシェアを拡大
動画配信事業は98年に開始、赤字続きだったが06年に黒字化 利益3-50億
FX事業もシェアを急拡大し利益37億円
艦これは開発費5000万円 売上高70億円

夢はもっと会社を大きくしてソフトバンクに買収してもらう事。

会社は急拡大してるが上場はAV比率を下げ、会社の透明性を高めないとダメとのこと。

CMに清原とオヤジが逃げまわってるローラ使ってるので察しろよ

まぁこの辺はペーパータオルの納入会社みたいなもんで
社会的に認知されだしたら健全化の方向に進むのか裏との繋がり断ち切れずに潰されるかの二択だとは思う

せっかくなら潰れずに残っては欲しい、エロは必要

1





クジラックス(漫画家)『ろりとぼくらの。』「ろりともだち」東浩紀が絶賛するロリマンガの描き手」
https://matome.naver.jp/odai/2149742936473267001

このまとめに参加する