1. まとめトップ

【オフィスチェア】デザイナーに人気のワークチェア

デザイナーやクリエイティブな仕事をされているデスクワーカーに人気のワークチェアを集めました。長時間のデスクワークでも疲れにくい高機能でデザインもオシャレなワークチェアなら仕事がはかどる事間違いなしです。

更新日: 2016年05月11日

4 お気に入り 7994 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

padaxさん

人間工学を追求したアーロンチェアの革新的サポート機構、ポスチャーフィットは人間が立った状態や正座した時と同じ角度に骨盤をサポートしてくれます。

人間工学に基づいた豊富な機能でオーダーメイド並のアジャスタビリティ(適合性)でベストポジションを造ります。
エラストメリックメッシュが体重を均等に分散し、快適な座り心地を実現した高機能チェア。基本的機能を持ち合わせながらも腰部分のフィット感とサポートに重点を置いています。

身体をやさしく包み込むメッシュチェア
イタリア語で「風」という意味の名を持つメッシュチェアVento。建築に溶け込むシンプルなデザインで、高級感のある空間を演出します。

セダス社の代表作「OPEN UP」チェアは、1軸支柱による驚異的な動作性、 ヘッドレストの上下機能、背が45度まで傾斜するなど、 他の追随を許さない機能性で人の身体を支える事により 長時間のデスクワークでの血行不良や無理な姿勢を解消し、 リラックスしたデスク環境を作り出します。

ウィルクハーンの長年にわたる人間工学の研究と技術の蓄積に加え、ドイツ国立ケルン体育大学との協働で、5年という開発期間を経て完成したワーキングチェア、ON/オン。
着座姿勢を重視した従来の人間工学よりもむしろ、動くことに注目し、座りながらもバランスよく、且つダイナミックに身体を動かせることを実現。

美しいデザインと先進の機能性を融合した、エルゴノミックメッシュチェア「コンテッサ」。
イタリア インダストリアルデザインの名門“GIUGIARO DESIGN”とのデザインコラボレーションにより生まれた革新的なタスクチェアです。
背と座に新開発のメッシュ素材を使用したコンテッサは、伯爵婦人の名に相応しい気品と華麗なスタイルが特長。スマートオペレーションを基本コンセプトに見た目だけではなく使用感にもこだわり、座り心地は人間工学の研究から設計されました。

ソリス F シリーズは、その妥協のない純粋なフォルムと、高い快適性を特徴としています。
“F”はFrame(フレーム)の頭文字からきており、伸縮性の素材で被われた、2つのフレームから成るその独特な座面と背もたれを表しています。

独創的なルックス、フレキシブルなフィット感。“ミラチェア”は、これまでのワークチェアとは 一線をかくすデザイン、パフォーマンスを持ったまったく新しい椅子です。
ミラチェアの革新的な特徴の一つが、セブの<トライフレックス>です。フレームのない樹脂に異なる形状と大きさの穴があいて、座る人の腰や背面全体を柔軟にサポート。

モダスは今日の人間工学で知り得るノウハウとエコロジーの理念が集約された革新的なチェアです。
ポリエステルの背もたれや、ランバーサポート、オート・シンクロ・アジャストメントの構造が最高の快適さを生み出します。 ミニマリズムとロングライフを統合した特徴的な細身のラインで、時代を代表する美しいデザインに仕上げられています

セイルチェアは、「枠にとらわれないで生きる人」のためにデザインされました。人間工学に基づき、椅子に求められる全ての機能を持ちながらも、お求めやすい価格帯を実現したワークチェアです。

着座と同時に座が沈み込みながら後方へスライドするパッシブスライドシート(P.S.S)機構と、背もたれランバー部が前方にせり出すアクティブランバーサポート機構により、深掛け前傾時や浅掛け時も腰をしっかりサポートします。

ランバー部は、着座位置の変化や姿勢の変化にも自動的に追従し、調整の必要はありません。人がチェアにあわせて座るのではなく、チェアが人に合わせて動く、人に優しい機構です。

異なった高さのデスクや、高さが調整できるデスクに対応できるワークチェアです。HAG Capiscoは、前向きでも横向きでもすわることができます、つまり座りながら部屋のいろいろなところに手が届くはずです。
Capisco collectionはそのユニークな機能とデザイン性で多くのデザイン賞を受賞しています。
人間工学に基づくデザインで、正しい姿勢をキープする事で、血液の循環を活発にし作業効率を上げる効果があるため、オフィスチェアとして最適です。
キャスタータイプを、フローリング用・カーペット用から選ぶ事ができます。

近年、多様化と細分化が進んだオフィス環境のニーズに、様々な部分を調整することができる多機能な「機械」として応えてきたオフィスチェアー。
自然界に存在する「空気」を素材として採用したり、やわらかみのあるスタイルなど、基本コンセプトから機能、フォルムまで一環した「有機的」な思想に基づき、山中俊治氏とのトータルなコラボレーションによってAveinは開発されました。

様々なワークチェアやオフィス家具をまとめられているサイト、参考に致しました。

1