出典 pic.prepics-cdn.com

津田恒美さん(病死)

満32歳没(1993年)

元プロ野球選手。1981年広島東洋カープにドラフト1位で入団。1年目の1982年に先発投手として11勝6敗の成績を残し、球団初の新人王に輝いた。その後、諸事情によりストッパーに転向。闘志を剥き出し、ピーク時153km/h(6月28日にマーク)の剛速球と縦横の鋭いカーブを武器に相手打者に敢然と立ち向かう姿は、『炎のストッパー』と形容された。1993年7月20日14時45分、悪性の脳腫瘍の為、入院中の病院で32歳の短い人生を閉じた。

この情報が含まれているまとめはこちら

※閲覧注意【悲運・悲報】有名人の死。忘れてはいけない人…忘れたいくらい悲しい死を遂げた人…(国内編)

自殺や殺害、闘病生活からの病死、事故などの突然死。悲運の死を遂げてしまった芸能人やスポーツ選手など、有名人をご紹介します※基本的には御年60歳以下の故人を掲載していますが、60歳以上でも、不審死・突然死は掲載しています

このまとめを見る