政府は23日の国家安全保障会議(NSC)で、米国が開発中のイージス艦向けの最新システムを巡り、関連するソフトや部品を日本でつくり、米国に輸出すると決めた。防衛装備品の輸出や国際共同開発を進めやすくした防衛装備移転三原則に基づくもので、NSCの了承が必要な「重要案件」としては4例目

政府、イージス艦部品やソフトを対米輸出 NSCで決定|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ