【ワシントン=吉野直也】米国家安全保障会議(NSC)のクリテンブリンク・アジア上級部長は27日、集団的自衛権行使容認を柱とする日本の安全保障関連法案への取り組みは重要だとの認識を示した。ワシントン市内で面会した自民党の河井克行衆院議員が記者団に語った。同氏は各種世論調査での安倍政権の支持率急落について米側の反応があったかどうかを含め明らかにしなかった。

米高官「安保法案の取り組み重要」 中国の海洋進出を懸念|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ