維新の党は20日、安全保障関連法案の対案としてまとめた8法案のうち5法案を参院に提出した。政府が集団的自衛権を行使できるとする「存立危機事態」を認めず、個別的自衛権を事実上拡大する「武力攻撃危機事態」を設けた。近く自民、公明両党との修正協議を再開する見通し

維新、安保対案を参院提出 まず5法案|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ