谷元・防衛相は9日の参院平和安全法制特別委員会で、朝鮮半島有事の際に集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」と認定した場合、ミサイル発射警戒中のイージス艦以外の米艦や戦闘機も防護できるとの認識を示した。「事態の拡大防止のため活動する米国の航空機の防護が必要になる」と指摘した。

朝鮮半島有事、防衛相「米戦闘機も防護可能」 存立危機なら|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ