自民、公明両党は15日午前、安全保障関連法案を巡り国会内で維新の党との修正協議を開いた。自衛隊の海外派遣をする際の国会関与の強化や、他国軍への後方支援で武力行使の一体化を避けるため、実施区域を限定することなどを提案。首相答弁や閣議決定などで対応する方針も伝えたが、維新はあくまでも法案修正を求め、合意に至らなかった。

自公と維新の修正協議、合意に至らず 安保法案|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ