【北京=永井央紀】中国外務省の洪磊副報道局長は18日の記者会見で、日本の与党が安全保障関連法案を成立させる構えであることに対して「日本が国内外の正義の声に耳を傾け、歴史の教訓をくみ取って平和路線を維持するよう求める」と述べた。「歴史的な原因により日本の安保面の動きは国際社会の強い関心を集めている」とも指摘し、自衛隊の海外活動の拡大をけん制した。

中国、安保法案巡り「正義の声聞け」|日本経済新聞 電子版

前へ 次へ