出典 www.ashinaga-seikotsuin.com

その4「証拠をできるだけ集めておく」

交通事故で被害者が亡くなり、目撃者がいない場合、事故の状況を証言できるのは加害者だけになります。

被害者のご家族の証拠集めの努力によって加害者に有利な裁判が覆ったというケースもありますから、可能なかぎり証拠をの集めておきましょう。

また、示談交渉に入った時に過失を認めなくなるケースもありますから、現場の目撃者がいるのであれば、その方の名前や連絡先を控えておくとよいでしょう。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る