被害者となった場合、相手から「示談にしましょう」とある程度の金額を提示される場合があります。この時点で念書やサインなどをしてしまうと、後々保険会社が対応できないことも。当人同士の示談はできるだけ避けるべきです。

出典交通事故、まず対応すべきこと [自動車保険] All About

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る