1. まとめトップ

今もっとも拡散している 「官邸前 自衛官演説」 全文まとめ 【集団的自衛権】

たくさんの人に読んで欲しい。全文をそのままシェアします。のちほど追記予定。

更新日: 2014年08月16日

5 お気に入り 12042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

きるくるさん

★7月1日。集団的自衛権をめぐる反対デモで、マイクをとった元自衛官がいた。兵庫県姫路市在住、 泥 憲和さんである。

突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、
その話をします。

私は元自衛官で、
防空ミサイル部隊に所属していました。
日本に攻めて来る戦闘機を
叩き落とすのが任務でした。

いま、尖閣の問題とか、
北朝鮮のミサイル問題とか、
不安じゃないですか。
でも、そういったものには、
自衛隊がしっかりと対処します。

自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。

★集団的自衛権とは何か?

いま私が反対している集団的自衛権とは、
そういうものではありません。

日本を守る話ではないんです。

売られた喧嘩に
正当防衛で対抗するというものではないんです。

それが集団的自衛権なんです。

★自衛官の仕事とは何か?

なんでそんなことに
自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、
恨みもない人たちを殺してこい、
安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来いというのです。

冗談ではありません。

自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。
見も知らぬ国に行って
殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

安倍政権になってから、自衛官の訓練内容が大幅に変わりました。
人を標的とする訓練が始まりました。
これまでは、相手を捕獲することが基本でしたが、
もう今までと違います。
軍隊としか思えません。

★集団的自衛権とは「他人の喧嘩を買いに行く」こと

みなさん、
集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、
逆恨みされますよね。
当然ですよ。

だから、アメリカと一緒に戦争した国は、
かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、

★アメリカの戦争に加担すればテロを招く

みなさん、
軍隊はテロを防げないんです。
世界最強の米軍が、
テロを防げないんですよ。

自衛隊が海外の戦争に参加して、
日本がテロに狙われたらどうしますか。
みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊はテロから市民を守れないんです。

だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

★安部総理のデタラメをうのみにするな

安部総理はね、
外国で戦争が起きて、
避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を
自衛隊が守らなければならないのに、
いまはそれができないからおかしいといいました。

そのことは、
アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。

アメリカ市民でさえ、
軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

安倍首相、昨日の会見でもあの「母子パネル」使ったのか…。しかし、朝鮮半島有事で米軍輸送艦が邦人救出するというのはあり得ない想定。実際、過去にアメリカも断っている。年末までにまとめる新ガイドラインでは、日米の役割分担にこれ入れるのか?米側はこれに同意するのだろうか?

1 2 3