1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ザックの後任の日本代表監督はどうして日本人じゃだめなの?

ザックジャパンの日本代表監督後任に外国人監督ばかり噂されています。どうして、日本人監督ではダメなのでしょうか?できない?やらせない?

更新日: 2014年07月03日

32 お気に入り 183553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

日本サッカー協会・技術委員会の考えが「外国人監督」

日本サッカー協会(JFA)の方針が、前提として「外国人指導者の中から候補者を選んで探そう」というのが、技術委員会の考えだからだ。

98W杯初出場の岡田監督の時にも、「監督が国際的な監督なら勝てていた」と言われていた。それで外国人監督が続く事になった。

監督予算もっと高くすればいいのに!
グッズ販売で設けているお金を監督予算にまわしてください!
ファンハール級がきて日本代表が変わる姿が見たい!

「W杯など高い舞台での経験が豊富で、日本を高みに持っていける人を探したい」と人選の基準を説明した。

日本代表ザックの後任監督選びで協会の掲げる条件 ①欧州など国際舞台での経験 ②若さ(50代中盤までで健康体) ③現スタイルを継続・発展させられること

原専務理事は、ザッケローニ監督の下で主導権を握るサッカーを目指したこの4年間の方向性を今後も継続する考えを表明した。

惨敗したW杯を踏まえ「うまくいかない時も展開に応じた戦い方ができるたくましさが必要」と課題を語った。

日本人でも岡田ジャパンはW杯でベスト16までいった

オシムの体調不良で引き継いだ代表監督だったので、純然と評価できないとの声もある。

悲願のW杯出場、Jリーグ2連覇、そしてW杯ベスト16進出があった。日本人監督として「初」となる偉業を次々と果たしてきた

南アフリカでの大きな決断も記憶に新しい。一か八かの賭けだった。 壮行試合となった韓国戦に敗れ、岡田は細かくパスをつなぐスタイルを捨て、守備重視に切り替えた。

W杯ベスト16に導いた監督の中で。岡田さんの世界的地位を鑑みれば分ること。どこからもオファーがない・・・・Jからさえも。

しかし日本人監督にもメリットはある

日本人なら外国人指導者の問題点として挙げられる「コミュニケーション不足」も心配しなくていい

通訳を介在せずに指導できるというのが最大のメリット

言葉の壁だけではなく、ザックは本田や長友など一部の選手しかコミュニケーションを取らず、他の選手の意見に耳を傾けなかった。やはり、外国人監督だと日本人とのコミュニケーションは難しい。

外国人監督のメリットは?・・・戦術面・経験など多数!やはり歴史が違う!

「ドーハの悲劇」を思い出します!
オフトは日本代表監督に就任し、サッカー後進国といわれた日本のサッカーのレベルを劇的に改善した。それから、外国人監督に対する抵抗はなくなったといわれる。

まだ日本人には無理でしょう、大舞台で真剣勝負をやった経験不足です。せめて海外である程度経験を積むか、W杯出場経験が無い人には個人的には任せられません。

サッカーの場合、主にサッカー先進国では日進月歩に新しい戦術が進化していってる中で同国人だけでは戦術がマンネリ化してしまうのを避けるために違った主観や考えを持っ外国人監督を獲得する

外国の著名監督の力はデカい。 例えばマッチメイク一つとっても、 日本人監督じゃコネも何も無い人ばかり。

W杯で勝てなかった監督の共通項目・・・ザック・ジーコともに代表初監督、W杯での経験のなさを露呈

緊迫した場面になると思考がとまってしまうことは以前から指摘されていた。W杯という、緊迫した国対国の戦いの経験がないことも大きい。

ザッケローニ監督はACミランなどイタリアのビッグクラブでの実績はあったが、代表を率いるのは日本が初めてだった。

ザッケローニ監督は、イタリアでは有名な監督だったが国際チームを指導した事は無かった。

ザックの監督としての指導法は攻撃重視スタイルで「1点取られても2点入れれば良い」のように持論を主張していたが、イタリア人には良くても日本人に向いているかは別問題だった。

1 2 3