1. まとめトップ

AKB・モー娘の立ち上げに携わる

1980年、18歳でイギリスに渡り、その後、東京やニューヨークでダンスを学びつつ、
役者・ダンサーとして活躍。
1988年には、ダンスグループ「FUN-KEY HEARTS」を結成し
イベントやショーの振り付けなどを手掛ける。

1992年からナインティナインや雨上がり決死隊等が所属していた
吉本印天然素材のダンス指導、振り付けを8年間行う。

1993年、ニューヨークのアポロシアターにソロダンサーとして出演。
1997年、初めてNHK紅白歌合戦のステージングを担当。
以後毎年15年以上に亘って続けている。

1998年、長野オリンピック閉会式での公式テーマソング振り付けを担当。
同年、つんく♂プロデュースのモーニング娘。を立ち上げから育成・指導を行う。

2005年、秋元康総合プロデュースのもと、AKB48を一般公募、
立ち上げ前から約2年に亘って参加。
劇場創設に力を注ぎ、合格者をプロフェッショナルへと指導、育成。
さらに振り付け及び演出まで専任される。

2008年、マッスルミュージカル冬公演「~ザ・ベスト~」では、スーパーバイザーに就任。
2009年には、自ら考案した「FUN-KEY DANCING」を商標化。

現在は、ダンスの普及活動に務める一方、
ドリームモーニング娘。の演出・振り付けも担当している。

厳しい指導が有名

テレビにも出演

つんく♂さんは生みの親、夏先生は育ての親

これまでに手掛けたアーティストは200組以上。

モーニング娘。では、特にLOVEマシーン以降、「恋のダンスサイト」、
「ハッピーサマーウエディング」、「恋愛レボリューション21」、
「ザ☆ピ〜ス!」、「そうだ! We're ALIVE」、「Do it! Now」、
「シャボン玉」に至り、振り付けにおいて独自性も加えた

当時のメンバー達は、「つんく♂さんは生みの親、夏先生は育ての親」と称している。

また、短期間で多くの振り付けを習得させざるを得ず、
過酷な練習を課すことが多い中、

テレビ東京系『ASAYAN』にてスパルタ教育ぶりがフィーチャーされたことで
「厳しい夏先生」のイメージが定着した。

振付師の地位向上を願い、
テレビ番組等において振り付けクレジット表示の働きかけを精力的に行い、
今やNHKでは楽曲放映時に「ステージング/振付師名称」の
テロップ出現が定番となっている。

プロ野球では広島東洋カープと読売ジャイアンツのファンである。

初のビジネス書『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(サンマーク出版)を
発表したダンスプロデューサー・夏まゆみ氏。

夏氏といえばモーニング娘。やAKB48の結成時から携わり、
彼女たちの“育ての親”としてお馴染みの存在。

そんな彼女に、これまで育ててきた中でNo.1の才能を持ったアイドルを尋ねると、
「後藤真希です(キッパリ)。モーニング娘。やAKB48の中で言うと、
圧倒的な才能という意味では彼女がNo.1でしたね」と明かしてくれた。

1





kummy11さん