1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

意外と知らないIT用語…便利な「Wi-Fi」の由来が予想外だった

日頃何気なく使っているIT用語ですが、その意味は意外と知らないことも多いです。今回は、いつでネットにつなげることが出来る便利な「Wi-Fi」についてまとめました。その由来には予想外の事実が…

更新日: 2014年07月03日

322 お気に入り 227195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・いつでネットにつなげることが出来る便利な「Wi-Fi」

スマホやタブレット、PCを、どこでもネットにつなげられるWi-Fi

ここ数年、スマホの普及と共によく耳にするようになった言葉にWiFiというのがあります

Wi-Fiは、おうちの中で使っているパソコンやタブレットなどのネットワーク対応機器が、無線の電波で接続できるようになる便利な方式

・この「Wi-Fi」とは?

無線LAN=Wi-Fiと考えてしまいがちですが、Wi-Fiは無線LANの中でも業界団体が認める基準を満たしたブランド名となっています

無線LANとは「パソコンなどを無線でインターネットに繋げる技術」のことですが、WiFiとはその中でも「Wi-Fi Allianceという業界団体によって認められた優秀な機器にのみ与えられる」いわば”称号”

Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称

消費者が無線LAN機器の選択で迷わないよう「相互接続ができることが認められた商品」に対して付けられたのがWi-Fiというブランド名

Wi-Fi Allianceは、1999年にWECAという名称で発足し、2002年にWi-Fi Allianceになった。Wi-Fiのブランド名もWECAがWi-Fi Allianceとなった際に使用され始めた

・「Wi-Fi」はなんの略なのか?

「Wireless Fidelity」の略だとされます

・が、実は、由来はかなり予想外な「Wi-Fi」

実は由来には意味がなかった??

「Wi」はWirelessで、「Fi」はFidelityと説明されていることも多いのですが、これは後付けであり、実は全く何の意味もない

「Wireless Fidelity」の略というのは後付けで、名前ができた後、意味も持たないのはまずいから付けられた

・「Wi-Fi」が名付けられた本当の経緯

単に韻を踏んだだけで名付けられた!?

Wi-Fi Alliance設立者のPhil Belangerは、ブランドコンサルティング事務所に依頼して,キャッチーな名称を考えてもらったと記録に残している

そうして考案されたのが「Wi-Fi」ですが、意味があったわけではなく、単に「Hi-Fi」と韻を踏んでいるという理由だけで名付けられた

Wi-Fiの名称の由来はHi-Fi (High Fidelity) の韻を踏んだもので、IEEE 802.11規格などの無線LAN規格よりキャッチ―な名前を求めて命名された

本当の由来は、オーディオ機器に使われるHi-Fiから来ているよう

Hi-Fiは、「High Fidelity(高忠実度、高再現性)」の略語で1950年代に高機能のオーディオを指す際に用いられた言葉ですなのですが、これをイメージして作られたのが「Wi-Fi」という言葉

Hi-Fiは再生音をより高度に(High)、忠実に再現するという意味だから、さしずめWi-Fiは、Hi-Fiのような高品質なイメージを持つ無線通信環境ということ

Wi-Fi Allianceは、由来がないと市場が名前を受けれてくれないのではと心配して「Wireless Fidelity」と初期のマーケティングで説明していましたが、いつのまにかこの記述は消え、Wi-Fiの名称が定着

1 2