入札した5陣営は全て、タカタの法的整理を選択肢として挙げているが、エアバッグ最大手のオートリブと中国部品メーカー傘下で米自動車部品のキー・セーフティ・システムズ(KSS)は特に法的整理が必要との姿勢を示したとみられる。

出典タカタに対し1000億-2000億円規模、スポンサー候補が提示-関係者 - Bloomberg

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どこまで増えるタカタ製エアバッグのリコール

TAKATA(タカタ)のエアバッグのリコールはどこまで増え続けるのか。日本を代表する部品メーカーなので、何とか乗り越えて頑張ってもらいたい。トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・GM・富士重工(スバル)・三菱自動車・BMWでリコール。スポンサーはどこに?ダイセル?オートリブ?

このまとめを見る