事情に詳しい関係者によると、ラザードは訴訟問題に対応するためタカタとスポンサー、自動車メーカーが拠出する独自の基金設立も選択肢として挙げたが、別の関係者によると、自動車メーカー側が難色を示して実現に至っていない。スポンサー候補にはリコール費用分担や法的責任対応などについて複数シナリオに基いた支援策の提示が求められていたという。

出典タカタに対し1000億-2000億円規模、スポンサー候補が提示-関係者 - Bloomberg

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どこまで増えるタカタ製エアバッグのリコール

TAKATA(タカタ)のエアバッグのリコールはどこまで増え続けるのか。日本を代表する部品メーカーなので、何とか乗り越えて頑張ってもらいたい。トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・GM・富士重工(スバル)・三菱自動車・BMWでリコール。スポンサーはどこに?ダイセル?オートリブ?

このまとめを見る