米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は7日、自動車部品大手タカタが、欠陥エアバッグ問題に絡む巨額のリコール(回収・無償修理)費用に対応するため、米連邦破産法の適用申請を選択肢の一つとして検討していると報じた。

出典タカタ、米で破産法申請検討=巨額のリコール費対応で―経済紙 (時事通信) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

どこまで増えるタカタ製エアバッグのリコール

TAKATA(タカタ)のエアバッグのリコールはどこまで増え続けるのか。日本を代表する部品メーカーなので、何とか乗り越えて頑張ってもらいたい。トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・GM・富士重工(スバル)・三菱自動車・BMWでリコール。スポンサーはどこに?ダイセル?オートリブ?

このまとめを見る